奥原希望の身長と体重は?家族や怪我の具合が気になる!

バドミントンでリオオリンピック代表になった「奥原希望」さん。

小柄な体をバネのようにしならせ、強烈なスマッシュを

相手コートに叩きつけるスタイルが魅力的な選手です。

お兄さんもバドミントンをやっていて父親は指導者。

バドミントンに一家に生まれた「バドミントンの申し子」とも

言える奥原希望さん

スポンサードリンク

身長や家族、怪我について色々と調べてみました。

バドミントン選手としては小柄

名前:奥原希望(おくはら のぞみ)

生年月日:1995年3月13日

出身地:長野県大町市

学歴:埼玉県立大宮東高校

所属:日本ユニシス株式会社

6歳の時に、父親と兄の影響を受けてバドミントンを始めました。

競技を始めるきっかけとしてはよくあるパターンですね。

小学校高学年には、全国大会で表彰台に上がる活躍。

高校2年生にはナショナルチームにも選出され舞台は世界へ。

身長はバドミントン選手としては小柄とも言える156センチ

170センチを超える選手も珍しくない中で、堂々と戦っています。

全身をバネのようにしならせるプレースタイルが印象的です。

体重は…情報がありませんでした。推測も…止めておきます(笑)

aaaaa

両親は教員で父は指導者

ご両親はともに教員です。

父親が高校の教員で、母親が小学校の教員をしていますね。

父親は高校でバドミントン部の顧問をやっています。

 

お兄さんもバドミントン選手として活躍しています。

「自治医科大学」へ進学したお兄さんは「東日本医科学生

総合体育大会」でシングルス4連覇を果たしたほどの実力の

持ち主。

希望さんが影響を受けた兄も、全国レベルの選手と言うことですね。

スポンサーリンク


両膝の半月板を損傷する怪我

高校卒業間近の2013年1月に左ひざ半月板損傷、翌年4月には

右ひざ半月板損傷と2年続けて大きな怪我に見舞われます。

肉体面でのトレーニングも過酷さがあったと思いますが、10代で

2度もメスを入れると言う大怪我。

この時すでにオリンピックが視野に入っていると思われるため、

メンタル面のコントロールも並大抵ではなかったと思います。

見事に怪我を克服し、世界大会で実績を重ねてオリンピックの

座を勝ち取りました。

https://youtu.be/gCf2xiQVFac

最後に

プレッシャーをかけるつもりはありませんが、世界大会の実績を

見ると、表彰台も期待できると思います。

本番のプレッシャーに負けず自分のプレーをして欲しいですね。