日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅野貴浩はカツオ一本釣り猟師!経歴や年収や漁法も気になる!

日本人が好きな魚は色々とあると思いますが、「カツオ」も人気のある魚に

なるでしょう。

 

そのカツオ漁師として著名なのが「浅野貴浩」さんです。

 

経験と運に左右されると言われるカツオ漁。

彼はその中でも一本釣りで名を馳せます。

 

近年は漁獲高が落ち込んでいると言われています。

その中で奮闘する浅野さん。

スポンサードリンク

経歴や年収などを中心に調べてみました。

 

 

18歳でカツオ船に乗船する

名前:浅野貴浩(あさの たかひろ)

生年月日:1962年

出身地:宮崎県

学歴:宮崎県立水産高等学校(現宮崎海洋高等学校)卒業

 

高校卒業してすぐカツオ船に乗船しています。

生粋のカツオ猟師と言えるでしょう。

 

乗船から13年後の1993年には、船頭(リーダー)となり現在に至ります。

企業に例えるなら、入社13年で部長クラスやプロジェクトリーダーの立場

ではないでしょうか。

 

漁師の場合は技量もさることながら、蓄積されたデータの活用や経験がものを

言うそうです。

その上に「運」がついて回るといいます。

 

危険と隣り合わせの海上ですから、乗組員の健康面にも配慮が必要です。

常に大きなプレッシャーと戦いながらの日々と想像します。

 

6596d58bd8fb092d10d1c480e2dd7c2c_s

 

 

年収は…あくまでも推測ですが

漁師はその漁場が「遠方」「近海」「沿岸」に分かれ、更に「自営」「漁協・水産会社所属」

で大きく年収が異なります。

 

遠洋漁業の船長クラスになると、1000万円を超える人もいるそうです。

 

浅野さんは近海を主戦場にし、漁協に所属しているため、そこからの給料と漁獲高に応じた

「歩合」だと推測します。

 

著名な漁師であると言う事は、それなりの漁獲高を維持していると思いますので、

700万円前後が年収ではないかと推測します。

 

スポンサーリンク


 

カツオの漁法は大きく分けて2つ

「一本釣り」と「巻き網」の2種類に大別されます。

浅野さんが行っている「一本釣り」はその名の通り、一尾ずつ釣るため傷がつきにくく、

市場価値も高くなります。

 

「巻き網」は網にかかったカツオを網で引き揚げますが、やはり傷がつきやすくなってしまいます。

 

品質を大事にすると言うところは日本人の心ですよね。

 

最近では東南アジアの巻き網漁船に大量にとられてしまい、日本近海にくるカツオが減ったと

言われています。

 

そんな中でも漁獲高を維持し続ける浅野さんには脱帽の一言です。

 

 

 

最後に

2016年6月11日の「クロスロード」に浅野さんが取り上げられます。

緊迫感のある船上での姿や、船を下りたあとの素の浅野さんなど、

色々な面が見られると思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。