日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤田重信(書体デザイナー)の会社や役職は?仕事内容も調査!

「デザイナー」と言う仕事は様々ありますが、「書体デザイナー」

という仕事をご存じでしょうか?

 

その「書体デザイナー」の第一人者が「藤田重信」さんです。

 

簡単に言うとパソコンや印刷物で使用する「活字」の書体を

開発する人です。

 

この現代にはなくてはならない仕事と言えますね。

スポンサードリンク

そんな彼について調べてみました。

 

高校卒業からデザイナー一筋

名前:藤田重信(ふじた しげのぶ)

生年月日:1957年

出身地:福岡県

学歴:筑陽学園高等学校卒業

職歴:「株式会社写研」→「フォントワークス株式会社」

 

高校卒業後に写真メーカーの「写研」に就職し、当初は

服飾デザイナーとしての日々だったようですね。

 

それがある日「書体の美しさに心を奪われた」ことを

きっかけに転職し、書体デザイナーの活動へ軸足を

移します。

 

書体に魅了される…筆者にはとても考えられないこと

ですが、デザイナーは「感性」がとても大事と言われて

います。

 

筆者のような凡人とは、目のつけどころが違うのでしょう。

 

「書体」を「デザイン」と捉えられるのですから。

 

07dd79ff8b4486d11ceefd26dc400f8a_s

 

現在の会社では部長職

「フォントワークス」へ移籍後は、書体デザイナーとして

辣腕を振っているようですね。

 

現在の役職は部長と言うこともあり、デザインだけでなく

マネージメントも求められていることから、多忙な日々で

あることが推測されます。

 

藤田さんが今の会社に入社したのが1998年。

パソコンが爆発的普及を見せる少し前。

 

パソコンには様々書体が入っていますが、それらは全て

「書体デザイナー」の人たちの努力の結晶です。

 

スポンサーリンク


 

汎用的な書体からオーダーメイドまで様々

藤田さんは「筑紫明朝」と「筑紫丸ゴシック」言う書体を

開発し、東京TDC(東京タイプディレクタークラブ主宰)

を受賞しています。

 

この書体の開発には、実に5年の年月を費やしたのだとか。

妥協しないプロの仕事を感じましたね。

 

この書体を実際に見てみましたが、今までありそうでなかった

書体、筆で描いたような書体でありながらも、洋風テイストな

仕上がり…

 

書体などあまり意識したことのない筆者が、生意気なことを

言いましたが、そんな感想を持ちました。

 

広く使われる書体と言うよりは、WEBデザイナーやグラフィック

デザイナーの方達に、多く重用されそうな気がします。

 

font01

 

最後に

2016年6月13日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

藤田さんが取り上げられます。

職場や仕事のシーンが中心だと思いますが、プライベートな

藤田さんの姿も見られるかもしれません。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。