日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土田義郎(風鈴コレクター)の職業や年収は?経歴なども調査!

夏と言えば…色々なものが当てはまりますが、昔からの

風物詩と言えば「風鈴」が思い出されます。

 

その「風鈴」コレクターが「土田義郎」さんです。

 

単なるコレクターの域だったのですが、あまりにも風鈴に

いれ込み過ぎて、自前で風鈴を作ってしまうほど。

 

しかもその風鈴は口コミで人気になりつつあるそうです。

スポンサードリンク

 土田さんの職業や経歴など色々と調べてみました。

 

 

職業は…二足のわらじ…と言える

名前:土田 義郎(つちだ よしお)

生年月日:1961年

出身地:神奈川県

学歴:早稲田大学理工学部卒業→

東京大学大学院工学系研究科博士課程(建築学)修了

職業:金沢工業大学教授・作家

職業は大学教授をされています。

専門分野は『環境心理』『音環境評価(サウンドスケープ)

と…凡人の筆者にはさっぱり分かりません(笑)

 

ただ、サウンドスケープとあるように「音」の専門家で

あることは間違いないですね。

 

現に1万種類の音の利き分けが出来る」ということなので。

 

もう一つの職業としては「作家」があります。

音や建築に関する書籍を、10冊以上出版しています。

 

土田さん自身は読書も趣味とのことなので、全く違った

ジャンルの本も出版するかもしれませんね。

 

29a394e430250c101b50ec08eaaf9d73_s

 

早稲田から東大を経て教授に

1985年に早稲田大学を卒業し、1990年に東京大学大学院を

卒業、1992年から金沢工業大学に赴任し、現在は教授職を

勤めています。

 

「音の専門家」と言う表現が分かりやすいと思いますが、

幼少の頃から慣れ親しんでいたと言うことはなく、大学進学を

機に極める学問として選んだようです。

 

その中で風鈴の音色にハマってしまったようですね。

現在ではワークショップも主宰し「かなざわ風鈴」という

新しいブランド作りにも情熱を注いでいます。

 

スポンサーリンク


 

気になる年収は…

50代の大学教授の平均年収は、700万円前後と言われています。

 

ただし…国公立大学の場合は100万円から200万円プラスされる

とのこと。

 

大学によっての差はあまりないようで、ほぼ上記の範囲で収まる

そうです。

 

土田さんの場合、教授の他に作家もされていますし、メディアへの

出演もあることから、トータル収入としては1000万円を超える

のではないかと思います。

 

images

 

 

最後に

2016年6月14日の「マツコの知らない世界」に土田さんが

出演します。

 

「風鈴」がテーマで、アッと驚く風鈴を紹介してくれるものと

思います。

 

お話も上手い人なので、マツコ・デラックスさんとのトークも

楽しみです。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。