日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢作尚久(小児科医)の経歴がすごい!大学や結婚の有無も調査!

一般的に医者と言えば、白衣を着ることが当たり前というイメージ

でしょう。

 

ですが、診察室にも入らず、患者にも接しない医者が大活躍しています。

 

その人が「矢作尚久」さんです。

小児科医でありながら、スーツを着て全国を駆け巡る事が彼の姿。

 

その目的は「最適な医療の仕組みづくり」だとか。 

スポンサードリンク

国が推進するプロジェクトにも参加する矢作さん。

 

そんな彼について調べてみました。

 

 

華々しい経歴の持ち主

名前:矢作尚久(やはぎ なおひさ)

生年月日:1974年

出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州

学歴:慶應義塾大学医学部→慶応義塾大学大学院

職業:小児科医

 

華々しい経歴…書き出してみます

2009年・東京大学医療経営人材育成講座

2011年・ハーバードビジネススクール修了

2012年・国立成育医療研究センター

治験ネットワーク推進室

2014年・内閣官房・健康医療戦略推進本部

次世代医療ICTタスクフォース構成員

2015年・国立成育医療研究センター

データ科学室室長代理

 

小児科医と言う肩書とは、少々違和感のある経歴が並んでいます。

 

矢作さんは医者でありながら、医療の現場に立つことはありません。

 

「よりよい医療の仕組みを作る」ことが彼のミッションであるため、

その活動のために、全国を飛び回っている日々とのこと。

 

また、医療の分野においても「ビッグデータ」の活用が盛んになって

いるため、その分野についても推進役となっているようですね。

 

901ddc97a4e6b2d697d9b0273cbee932_s

 

 

医者でありながら白衣を着ない真意とは

矢作さんは既に白衣を脱いだとのこと。

引退したわけではありません。

彼に課せられたミッションをこなすために、そういう決断をしたの

です。

 

「よりよい医療の仕組み」「次世代医療の構築」は、医者でなければ

できないと思います。

 

現場を知り、患者を知るからこそできることがあります。

 

彼の経歴を見ると医者はもちろんですが、経営やマネジメントと言った

分野でも勉強しているため、若かりし頃から人生のグランドデザインが

描かれていたのではと思います。

 

組織・仕組みに完璧などありえません。

医療分野における次のステージを目指すため、彼は日々奮闘しています。

 

 

スポンサーリンク


 

 

最高学府でも学び結婚もしている

慶應義塾大学・大学院・東京大学大学院と、ため息が出るような学歴です。

 

もちろん高い志があったからこそでしょう。

筆者のように凡人には全く考えられません。

 

上段でも触れましたが、東大では「医療経営人材育成」を学んでいる

ことから、医者として現場に立つだけではなく、医療全体を鳥瞰した目を

持つことを意識したのだと思います。

 

ご結婚はしていますね。

とてもかわいい息子さんとの、微笑ましいショットがありましたので。

 

 

 

最後に

2016年6月18日の「クロスロード」で矢作さんが取り上げられます。

「次世代医療」「ビッグデータ」と言った部分にスポットが当たると

思います。

矢作さんの情熱を感じ取ることが出来ると思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。