日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺達生(カメラマン)の代表作は?経歴や撮影テクも調査!

写真集…特にグラビア写真に興味を示す男性は多いのではない

でしょうか。

 

写真集に限らず、週刊誌の巻頭カラーページで女性のグラビアを

見る方も多いと思います。

 

そのカメラマンの第一人者が「渡辺達生」さんです。

業界では篠山紀信さんと並んで、2大巨頭とも評される人です。

 

絶大な信頼を置いているモデルさんも多数いるようですね。

スポンサードリンク

代表作や撮影テクなどを含め、彼について調べてみました。

 

 

代表作はあの有名な貝殻…

名前:渡辺達生(わたなべ たつお)

生年月日:1949年1月20日

出身地:山梨県

学歴:成蹊大学経済学部

職業:カメラマン

 

グラビア写真の分野をけん引してきた方です。

 

これまでに出版した写真は200冊を超え、撮影した女性の数は

4000人超。

 

モデルからのリピートも多いと聞きます。

 

彼が撮影して出版された中で代表作と言えば

「武田久美子:マイディア・ステファニー」

「川島なお美:WOMAN

それぞれ30万部・50万部と言う大ベストセラーと言っても

よいでしょう。

 

特に武田さんの写真集は「貝殻ビキニ」と呼ばれ、一躍有名に

なりましたよね。

 

売り上げ部数では川島さんにかなわなかったですが、世間へ与えた

インパクトはとても大きかったと思います。

 

ec0ed55f5a32b580b0b3ab690f244344_s

 

 

カメラマンとしての地位を確立したのは…

父親の影響を受けて、子供の頃から写真が大好きだったそうです。

 

大学卒業と同時に、バイトで生計を立てながら、独学で写真の

勉強をしています。

 

そんな時に小学館から「GORO」と言う男性向けの雑誌が

創刊されてカメラマンとして参加しました。

 

筆者…GOROはよく読みました。

当時はネットと言うものがなかったので、総合情報誌として

重宝しましたよ。

 

このGOROで、篠山紀信さんとともに地位を確立します。

 

その後は写真集や週刊誌グラビアの人気カメラマンとして

活動していくことになります。

 

人気週刊誌「週刊ポスト」では、20年以上にわたって表紙を

撮影し続けています。

 

 

スポンサーリンク


 

 

撮影テクは…リラックス

カメラの操作や、そもそもの撮り方もあるのでしょうが、渡辺さんの

一番のテクニックは、被写体となる女性を「リラックス」させること

重きを置いていますね。

 

心とともに表情も柔らかくさせ、レンズを通して最高の写真を次々と

撮るようです。

 

女性のみならず、現場にいる撮影スタッフとも良好な雰囲気づくりを

心掛け、空間全体をリラックスさせることにも注力しているようです。

 

筆者の勝手な想像ですが、こういう撮影の場って緊張感がみなぎって

いるのかと思ったのですが、真逆でしたね(笑)

 

 

 

最後に

2016年6月19日の「情熱大陸」で渡辺さんが取り上げられますね。

女性を虜にする撮影テクニックが披露されるかもしれませんよ。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。