日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野島千恵子(保育士)のインクルーシブ保育が凄い!その内容は?

「インクルーシブ保育」を聞いたことがあるでしょうか。

 

簡単に言うと、障害を持つ子供と持たない子供が、同じ保育を

受けると言う事になります。

 

その第一人者が「野島千恵子」さんです。

 

地域に根差した保育園の園長でもあり、数多くの卒園生を送り出して

います。

 

特に障害を持つ人は、地域でしっかりと活躍している人も多いの

だとか。

スポンサードリンク

インクルーシブ保育を中心に色々と調べてみました。

 

 

きっかけは障害を持つ子供の親の声

障害を持つ子供を受け入れるきっかけは、40年以上前に遡ります。

 

その親からの悲痛ともいえる叫びに、受け入れる決断をしたのだとか。

 

何度も何度も職員会議を繰り返したと言います。

当時においてはノウハウと言うものもなかったでしょう。

お子さんを預かる以上、情熱や気持ちだけではすみませんしね。

 

障害を持たない子供に与える影響や、その親の理解も必要となる

でしょう。

 

その問題と一つずつ向き合いながら、長い年月をかけて熟成された

保育を提供していると言えますね。

 

eac9d26a4e7beb439e239aaf306da890_s

 

 

メリットを考察

「教育」の観点で言えば、「改正障害者基本法」に「インクルーシブ教育」

の理念が盛り込まれています。

 

障害を持つお子さんに対しても、平等な教育をと言う考えに基づくもの

です。

 

教育の場から健常者が障害者と接する機会を持つことで、健常者にも

「思いやり」「優しさ」の心を持つきっかけにもつながるでしょう。

 

そういう心を持った子供が成長し社会へ出ていくことで、バリアフリーな

社会形成が期待できます。

 

障害を持つ人にとっても、健常者と多く過ごすことで、社会へ出た時に

環境への順応がより高まることも期待されるでしょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

デメリットを考察

保育・教育の主役はあくまでも子供です。

やはり「差別」と言うものも存在してしまうでしょう。

 

四六時中大人の目が行き届くわけでもありません。

自分と違う人を受け入れられない子供だって存在するでしょう。

 

ついつい「ケンカ」「いじめ」と言った行動も存在してしまうのは

避けられないと思います。

 

また、子供だけではなく大人(親)も理解を示すことが難しい人も

いるはずです。

 

メリット・デメリットを並べても仕方がないのかも知れませんが、

「融合させる」「あえてリスクを取る」と言った柔軟な考えが必要

なのかもしれません。

 

noj

 

 

最後に

2016年6月20日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

野島さんが取り上げられます。

保育園が放映の中心になるでしょう。

「インクルーシブ保育」について理解を深められると思います。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。