日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

盛田幸妃は脳腫瘍と戦った悲劇の投手!現役時代の成績も調査!

1987年に横浜大洋ホエールズから、ドラフト1位指名

されて入団した「盛田幸妃」さん。

 

入団5年目には、最優秀防御率のタイトルを獲得するなど

早くから才能が開花しました。

 

大阪近鉄バファローズに移籍後は、脳腫瘍との戦い。

 

そんな中でも1軍登板を果たし、カムバック賞を受賞

 

若くして亡くなりましたが、存在感はありました。 

スポンサードリンク

そんな盛田さんについて調べてみました。

 

 

現役時代から脳腫瘍との戦い

名前:盛田幸妃(もりた こうき)

出身地:北海道茅部郡鹿部町

生年月日:1969年11月21日

学歴:函館大学付属有斗高等学校卒業

経歴:横浜大洋ホエールズ

横浜ベイスターズ (1988 – 1997)

近鉄バファローズ

大阪近鉄バファローズ (1998 – 2002)

 

1998年8月に「骨膜腫」が見つかり翌月には摘出手術を

行います。

 

手術は成功したのですが、右足に麻痺が残るなどプロ野球

選手として活躍するには重い後遺症でした。

 

しかし、懸命なリハビリと驚異的な回復力を見せて、1年後

には1試合ながら、1軍に復帰を果たします。

 

2002年に33歳で現役引退。

脳腫瘍が選手生命を短いものとしてしまいました。

 

現役引退後は、横浜ベイスターズの球団職員として勤務しつつ、

TBS系列のラジオ解説を勤めていました。

 

特に北海道のラジオ局では、日本ハムファイターズの解説を

行っていました。

 

2010年頃から脳腫瘍が再発し、入退院を繰り返します。

 

2015年10月に懸命な闘病生活も力尽き、45歳の若さで

亡くなりました。

 

futta1294-1280x800

 

 

大洋ホエールズ時代・・・

ルーキーイヤーから1軍登板を果たすなど、将来を嘱望されて

いました。

 

ブレイクしたのは1992年。

シーズン途中から中継ぎへ配置転換され、抜群の制球力で

中継ぎ陣を支えました。

 

この年は登板のほとんどが中継ぎでありながら、規定投球回に

達して最優秀防御率を獲得しています。

 

1996年から先発に配置転換となりましたが、調整法に苦しみ

打ちこまれる場面も増えました。

 

次第に登板試合数も減り、1997年のオフに近鉄バファローズへ

トレードとなりました。

 

スポンサーリンク


 

近鉄バファローズ時代・・・

移籍してからは中継ぎ専門となりました。

 

移籍初年度となる1998年はまずまずの結果を残し、中継ぎ

投手陣の柱となりましたが、翌年から脳腫瘍との戦いを

余儀なくされます。

 

2001年にはカムバックして、チームのリーグ優勝に大きく

貢献しました。

 

この年にはオールスターゲームにも、中継ぎ投手として1位の

票を集めて出場しています。

 

翌2002年には2試合の登板でオフに引退します。

 

懸命なリハビリで再起しましたが、体が悲鳴を上げていたの

かもしれません。

 

 

 

最後に

出身が筆者と同じ北海道で年代もほぼ一緒です。

高校生の頃から有名な選手でした。

とにかくキレのあるボールを投げていました。

選手としてのピークは短かったですが、同郷の誇りと

いえる選手です。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。