日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廣瀬純は広島東洋カープの外野手!これまでの成績や特徴を調査!

2000年のドラフトで2位指名(逆指名)により

広島東洋カープへ入団した「廣瀬純」さん。

 

学生時代は華々しい成績もあり、ルーキーイヤーから

1軍出場を果たして、即戦力として活躍。

 

翌年以降は、やや期待にはこたえ切れていないと言える

成績で伸び悩みも感じていました。

 

規定打席到達は入団から10年目、遅咲きと言える選手

です。 

スポンサードリンク

そんな廣瀬さんについて調べてみました。

 

 

華々しい成績を引っ提げて入団

名前:廣瀬純(ひろせ じゅん)

生年月日:1979年3月29日

出身地:大分県臼杵市

学歴:大分県立佐伯鶴城高等学校→

法政大学卒業

職業:プロ野球選手

 

高校時代は3年生の夏に甲子園に出場。

その後進学した法政大学では、主将も務め3年生の春の

リーグ戦では、六大学史上9人目となる三冠王を獲得。

 

同年行われたシドニーオリンピックでは代表にも選出と、

これ以上ない華々しい成績と経歴を持って、プロ野球に進み

ました。

 

同時ドラフトの制度であった「逆指名」出来るほどの逸材

でしたが、プロ入り後は期待をやや裏切る成績が目に付きます。

 

その才能が覚醒したのが2010年。

全ての面においてキャリア・ハイの成績を残しています。

 

futta1294-1280x800

 

 

打撃面…中距離ヒッターと言える

ホームランを量産する打者とは言えず、ボールを確実に捉えて

単打・二塁打を量産するタイプですね。

 

成績を紐解いてみると、好不調の波が激しく、好調を長く維持

できない年が多いと感じます。

 

打撃フォームの改造も試みているようですが、なかなかフィット

しない感じも受けます。

 

それが2010年になってようやく開花したと言えるでしょう。

 

初の規定打席到達で打率3割超え、本塁打も2桁に到達など

チームの中心選手になった1年でした。

 

それ以降は2010年ほどではありませんが、出場試合数や打率で

それなりの結果を残していると言えます。

2015年シーズンは1軍出場なしです。

 

スポンサーリンク


 

 

守備面・・・強肩で打球感の良さが目立つ

彼の守備面で一番の強みと言えるのが強肩だと思います。

TVで何度か見ましたが、送球も高いスキルがあると感じて

います。

 

2010年にはシーズンの捕殺を10個記録していますが、強肩と

ともに打球判断の良さが顕著に表れている結果と言えます。

 

この年は守備が評価され、自身初となるタイトルのゴールデン

グラブ賞を獲得しています。

 

以降も出場試合数は少ないですが、守備面は安定しています。

 

 

 

 

最後に

2015年シーズンは1軍に昇格できませんでした。

もしかすると年齢的なものがあるのかもしれませんが、

まだまだひと花を咲かせるだけの、技術は持っていると思います。

今後の奮起に期待ですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。