日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球戦力外通告!再契約かそれとも引退なのか!?

2015年11月10日に12球団合同トライアウト

実施されました。

例年は2回開催されていましたが、今年は1度の開催

変更となりました。

2回目の参加者数が少ない、契約につながるアピールの

場になりにくいという側面もあるのでしょう。

再契約を勝ち取った選手もいれば現役引退を表明した

選手もいます。

スポンサードリンク

もちろんまだプロの道を模索している人もいるでしょう。

 

トライアウトを経ずに契約!過去の実績がモノを言う!

戦力外通告を受けた選手が全てトライアウトに

参加するわけではありません。

参加せずに他球団からのオファーを待つ選手もいます。

私が思うには総じて過去に1軍で活躍した選手が多いと

思います。

一定期間チームの主力選手として名前を連ね、怪我などに

より出場機会を失った選手がそれに該当します。

今年の例でいえば、元広島の栗原選手がその典型だろうと

思います。

チームの4番を打ち追加召集ながらWBCに参加した

実績も持ちます。

こう言った選手であれば、裏の事情は分かりませんが

オファーが確実視されているのだと思います。

futta1294-1280x800

 

裏方へ転身する人もいる

契約を勝ち取ることが出来ずに現役引退を選択する

選手もいます。

常に野球にかかわりたいと思う人が大半であろうと

思いますが、裏方として契約を勝ち取る選手もいます。

代表的なのは打撃投手、ブルペン捕手、用具係、

スコアラー、スカウトと言ったところが挙げられます。

また裏方からステップアップする例もあり、最近の例

では巨人などで活躍した入来祐作元投手が、打撃投手

から用具係を経て、去年からはソフトバンクの投手コーチ

として招聘されました。

稀な例ではありますが、現役時代の活躍と共に人間性も

評価されてのことと思います。

 

プロ野球界を去る人が大半

プロ野球から完全に身を引く人はまずは仕事を探す

ところから始まります。

学生時代やプロ野球時代に培った人脈を駆使して

就職先を探す人もいれば、そう言ういことは全く

利用せず一から生計を立てる人もいます。

コンビニオーナーを選択したり、保険会社の代理店

制度を活用する人もいます。

巨人で活躍した條辺元投手は修行を積み、うどん店を

開業しています。

また高卒で若くして戦力外となった人は大学へ進学し

指導者を目指す人もいたりします。

人それぞれ進むべき道は違いますが、成功を祈って

やまないことに変わりはありません。

ダウンロード

 

自ら引退を決意する人、続けたくともその意思が叶わない

人がいます。

でも言えることは「プロ野球」という一種の成功を手に

入れたことに変わりはないと思います。

誰もが就ける職業ではありません。

その誇りは常に持ち続けてもらいたいと思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。