日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茶圓勝彦の砂像彫刻がすごい!経歴や年収や家族について調査!

「砂像彫刻」と聞いて、皆さんはどういうものを思い浮かべる

でしょうか。

 

筆者は砂を固めて掘っていくくらいの知識しかなく、作品なども

ほとんど知りませんでした。

 

その道の第一人者「茶圓勝彦」さんが、2016年7月9日の

「クロスロード」に出演されます。

 

砂像彫刻家になった経緯や、その道の第一人者たる所以など、

彼について調べてみました。

 

 

大学時代は彫刻とはほぼ無縁

名前:茶圓勝彦(ちゃえん かつひこ)

生年月日:1961年2月12日

出身地:鹿児島県南さつま市(旧加世田市)

学歴:武蔵野美術大学卒業

 

まずは…「茶圓」とは珍しい苗字ですよね。

調べてみたところ、鹿児島県に伝わる苗字とのこと。

その鹿児島県でも珍しい苗字と言われています。

 

美術大学を卒業していますが、大学では油絵を先行していました。

 

芸術についての造詣は深いですが、「砂像彫刻」にはほとんど

縁がなかったようですね。

 

1987年に生まれ故郷でもある、鹿児島県加世田市で行われた

「吹上砂浜の祭典」という催し物が開催されたのを機に、

砂像彫刻へと傾倒していきました。

 

この時に作った作品が、世界的砂像彫刻家に認められ、その後の

活躍の足がかりとなりました。

 

 

sun

 

 

世界を舞台に輝かしい実績がある

「砂像彫刻世界選手権」で優勝や入賞を何度も経験しています。

そして…こういう世界選手権があることさえ今回初めて知りました。

 

1人で制作したり、数名のチームで制作したり、色々なカテゴリが

あるようですね。

 

「個人」「ダブルス」「チーム」のそれぞれで表彰台を経験して

います。

 

この他には、世界各地の催し物に招かれてエキシビジョン参加

したり、オリンピックのCM撮影用の彫刻を手掛けた実績も

あります。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

気になる年収は…?

現在は鳥取県にある「砂の美術館」での、総合プロデュース業が

メインになっています。

 

気になる年収ですが、あくまでも憶測です。

 

当然のことながら、知名度や手がける作品によってその額は変わって

きます。

 

この道の第一人者と書きましたが、世界でも著名な方です。

 

勝手な想像ですが、欧米諸国の方がこう言った芸術に対しての

報酬は高いイメージです。

 

先に記した「砂の美術館」には大手企業がスポンサーとして

名を連ねています。

 

茶圓さんの個人スポンサーではないので、実入りはほどんど

ないでしょうが、茶圓さんの知名度がスポンサーを呼んだと

言ってもよいでしょう。

 

希望という意味でも、1500万円は収入を得て欲しいと勝手に

思いました。

 

 

 

 

最後に

一般の方なので、プライベートに関する情報は少なかったです。

 

2016年7月9日の「クロスロード」では、茶圓さんに密着する

ようなので、何か情報が得られるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。