日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉本好夫(整備士)経歴や年収は?JALのマイスター制度も調査!

2016年8月1日の『プロフェッショナル 仕事の流儀』に、

JALの整備士杉本好夫さんが登場します。

 

「トップマイスター」とも称され、JALの整備士の方達の「トップ」

に君臨する方です。

 

統計では最も安全な乗り物と言われている飛行機ですが、その裏には

整備士の方達の努力があるものと思います。 

スポンサードリンク

そんな杉本さんやJALの制度について色々と調べてみました。

 

 

 

この道42年の大ベテラン

名前:杉本好夫(すぎもと よしお)

生年月日:1957年(公表されている年齢から予想)

出身地:兵庫県

勤務先:株式会社JALエンジニアリング

 

高校卒業後の1975年にJALへ入社しています。

 

以来40年以上に渡って、整備畑一筋で現在まで勤務されて

います。

 

上空1万メートル前後を飛行するジェット機は、

「トップクラスの精密機械」

と言っても過言ではないと思います。

 

1ミリレベルの精度でのメンテナンスが求められる航空機整備士

ですが、長期間勤めあげ、なおかつJALの整備士のトップに君臨

しています。

 

現在はエンジン整備センター部品整備課が杉本さんの勤務先です。

 

エンジンを構成する部品の修理・溶接・ハンドリペアが主な担当業務

とのこと。

 

エンジンを知り尽くしている・飛行機を知り尽くしているからこそ、

航空機の心臓部とも言えるエンジンを任せられていると思います。

 

0ba71ebc1da4bdbc197ce934f756f16b_s

 

 

気になる年収は…あくまでも予想で

航空機整備士には当然のことながら資格が存在します。

 

資格の頂点に立つのが「一等航空整備士」というものになります。

当然ながら杉本さんはこの資格を有しています。

 

JAL整備士の平均年収は600万円前後と言われています。

 

平均ということは、新入社員からベテラン社員を均した額です。

杉本さんは社内で2人しかいない「トップマイスター」の地位に

います。

 

整備士としての腕前はもちろんですが、組織人としての評価も高い

ものと推測します。

 

そう言ったことを勘案すると、800~900万円ではないかと思いました。

 

 

スポンサーリンク


 

 

JALのマイスター制度とは?

マイスターは3段階に分かれています。

「G3=エキスパート」

「G2=マイスター」

「G1=トップマイスター」

 

とは言え、入社してすぐにチャレンジできる制度ではなく、

整備士としてステップアップが必要になります。

 

上段で書いた1等航空整備士」資格を得ることが必須に

なっています。

 

「1等航空整備士」を取得するためには、相応の経験が必要に

なりますから、早くて10年前後でマイスターの試験を受けられる

ようになるのではと思います。

 

 

ja

 

 

最後に

2016年8月1日放送の「仕事の流儀」では、プロの仕事に着目する

ことになるかと思います。

多くの命を預かる「トップマイスター」の人間性にも注目したい

ですね。

 

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。