日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池田裕美枝は産婦人科医!女性医療や医者になった理由も調査!

皆さんは病院にかかる時、何を一番重視するでしょうか?

筆者最近になって「お医者さんの評判」を重視するように

なりました。

 

2016年8月24日の「総合診療医ドクターG」に医師の

池田裕美枝」さんが出演されます。

 

専門は産婦人科とのことですが、総合診療を標榜する

番組に出演されます。

 

産婦人科を専門としながら、総合医療の分野でも活躍する

池田さん。 

スポンサードリンク

そんな彼女についてまとめてみました。

 

 

実は医者志望ではなかった

名前:池田裕美枝(いけだ ゆみえ)

生年月日:1979年(大学卒業から想像)

学歴:京都大学医学部卒業

職業:医師

神戸医療センター中央市民病院勤務

 

上述の通り、京都大学医学部を卒業しています。

 

しかし…医学部に進学した当初は、医師は目指してなく、

研究者志望だったとのことです。

 

「医学部=医者」筆者のような凡人にはこんな決めつけが

ありました。

 

医療の研究があってこそ治療は行われますしね。

 

池田さんは「体の仕組み」に興味があって医学部へ進学し

研究者の道を目指し、研究者の立場から医療の発展に

貢献しようと考えていたのでしょう。

 

 

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

 

 

医者を目指したのは実習の時

医学部がどのようなカリキュラムを勉強していくのか、

経験がないので全く分かりませんが、研究者を目指して

いたとはいえ「病院実習」に行った時がきっかけとの

こと。

 

その時の患者さんとの話を「メッセージ」と捉え、

そのメッセージを次(の診療)へつなげていきたい…

そんな思いが駆け巡ったようです。

 

医療従事者に話をするということは

「何とかしてもらいたい」

切実な気持ちを持った方がたくさんいると思います。

 

その声をより医療の現場に反映させたい、そして医療を

発展させたい、その気持ちがより強いのでしょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

「総合医療」としての「女性医療」に取り組む

「総合診療医」最近何度か耳にしたことがあります。

専門医が「スペシャリスト」ならば「ゼネラリスト」と

評すのが合っているのかもしれません。

 

池田さんは「女性に笑顔でいてもらいたい」との考えが

強いです。

 

重篤な病を抱えているわけではないが、様々な理由から

体に不調を訴える女性を救いたい…

そんな一念から「女性医療」の分野を開拓しようとして

います。

 

「重篤な病になることを未然に防ぐ」

「適切な診療を提供する」

ことを指すのかもしれませんね。

 

「女性医療」の分野は、日本ではまだ道が開かれていない

とのこと。

 

池田さんの行動が花開くとよいな…と思います。

 

 

38dccd8cf6cfdf8f1dd216416d061a55_s

 

 

最後に

「女性医療」は未開の分野と言わざるを得ないと思います。

年齢的には医師として中堅。

若さと情熱を武器に頑張ってもらいたいと思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。