日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石倉悠吉の経営手腕が凄い!つばめグリルの特徴や人気理由も調査!

皆さんは外食する時に何を食べることが多いでしょうか。

筆者は断然ラーメンを選ぶことが多いのですが、洋食も

結構食べます。

 

東京で際立って有名な「つばめグリル」がありますね。

社長は「石倉悠吉」さんです。

 

赤字から脱却し、老舗洋食店の礎を築いた手腕が注目

されています。 

スポンサードリンク

そんな石倉悠吉さんについて調査しました。

 

 

当初はラーメン屋で働いていた

名前:石倉悠吉(いしくら ゆうきち)

生年月日:1943年

出身地:東京都港区

職業:株式会社つばめ代表取締役社長

 

大学卒業後しばらくは、ラーメン店で働いていました。

一種の修業というやつですね。

 

あ、通っている大学の情報はみつけられませんでしたが、

高校が慶応高校なので、そのまま慶応大学という線が強い

かもです(勝手な推測です)

 

当初洋食屋は儲からないと思っていたようですね。

その時代背景や人口の構成で人の趣向は変わるものだと

思います。

 

石倉さんはそう言ったことを敏感に感じ取っていたのかも

知れません。

 

1996年に3代目社長として後を継ぎ、赤字経営だった

「つばめグリル」を一転黒字化させました。

 

1428f9f6372b2f54eead0c7842c33907_s

 

 

業界慣習の打破に挑戦

「つばめグリル」の人気の秘密…やはり美味しい料理に

あると思います。

そりゃーそうですよね。

食事を提供するわけですから。

 

なので、少々視点を変えてみます。

ご存じの方も多いかも知れませんが、

「化学調味料を一切使用していない」

ことが特筆すべきことではないかと思います。

 

化学調味料を使うと味が整いやすいですよね。

ただ、本当の美味しさが広がるかと言えば…人それぞれかも

知れませんが、筆者は違うと思います。

 

素材の味と、ソースやしょうゆなど、本物の調味料の

融合が、「つばめグリル」の最大の特徴ではないかと

筆者は思います。

 

 

スポンサーリンク


 

 

人気理由の案外意外なこと

洋食屋に限らず、食事をお提供する業界の慣習として、

コックさんの入れ替わりが激しいと言うことがあるよう

です。

 

その理由…想像するに、企業はアルバイト社員が多数を占め

人件費があまりかからない構造だと思います。

 

コックさんは正社員として雇用している場合が多いですが、

賃金が高くなると「修行」と称して店が変わることが多く

あったようです。

 

作り手が変われば味も変わる、それを避けるためにコックさんの

長期継続雇用を実施したのです。

 

「長年変わらない味」これも人気の秘訣ではないでしょうか。

 

 

 

最後に

2016年8月25日の「カンブリア宮殿」で、「つばめグリル」

と「石倉悠吉」さんが取り上げられます。

「つばめグリル」の安定経営の一端が見られると思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。