日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草場鉄周は家庭医療学専門医!経歴や仕事にかける情熱も調査!

「近所の掛かり付けのお医者さん」

昔は家の近所に「主治医」がいた人は多かったと思います。

最近はあまり聞かれませんね。

 

2016年8月31日の「総合診療医 ドクターG」に

草場鉄周」さんが出演します。

 

家庭医療に熱い情熱を持って仕事に取り組んでいる方です。 

スポンサードリンク

経歴やこれまでの取り組みなど、彼について色々と調べました。

 

 

若くして家庭医の道を歩む

名前:草場鉄周

生年月日:1974年

出身地:福岡県福岡市

学歴:久留米大学付属高校→京都大学医学部卒業

職業:医者

北海道家庭医療学センター院長

本輪西サテライトクリニック院長

福岡県で生まれ、京都の大学で学び、北海道の病院で勤務

されています。

医療従事の過程で北海道と縁が出来たのでしょうが、筆者の

故郷でその道の第一人者として活躍されていることは嬉しい

ですね。

 

大学卒業後間もなく「北海道家庭医療学センター」で家庭医療

のスペシャリストとしての活動を始めました。

 

「スペシャリスト」と表現しましたが、医者という立場では

「ゼネラリスト」に当たるかも知れませんね。

 

家庭医学=総合診療ということですから。

 

 

38dccd8cf6cfdf8f1dd216416d061a55_s

 

 

日本各地で家庭医療のあり方を学んだ

上記で「北海道家庭医療学センター」で活動と書きましたが、

その最中に北海道はもちろん、岐阜県や沖縄県などでも家庭医療

のあり方を学んでいます

 

「家庭医療」ですから、その土地の天候や住まいなど、日々の

生活環境は地域によって異なることが多いでしょう。

 

日本の端と端、日本のほぼ中央で家庭医療を学んだことは草場さんに

とって大きな目的があったのだろうと感じます。

 

現在は北海道を拠点として忙しい毎日を送っていますが、

もしかしたら、全国に引く手数多かもしれません。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

家庭医療の認知度を上げるための情熱

イギリスなどでは、国民一人一人に担当医がいるとのこと。

そして「家庭医療(総合医療)」の認知度は非常に高いそうです。

 

草場さんは、日本でもそれが当たり前になって欲しいと、普段の

医療従事の他に、講演活動もこなし、書籍も出版されています。

 

イギリスと日本、医療制度の在り方のどこがどう違うのか、筆者には

分からない部分です。

 

ただ感じるのは、人口や医者の数も違う中でいくつもの壁が存在する

のではということ。

 

地道な活動こそが原点なのでしょう。

若い家庭医も育っていると聞きます。

いつの日か草場さんの活動が実を結ぶことを願ってやみませんね。

 

 

 

最後に

「近所の掛かり付けのお医者さん」的な「何でも相談できる医者」

が身近にいることって安心ですよね。

そんな医療を提供したいと願う草場さんにはこれからも注目して

行きたいです。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。