日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福井正憲(福寿園会長)は伊右衛門生みの親!息子も社長で同族!

筆者はお茶が大好きで、ペットボトルのお茶を

よく飲みます。

 

そんなお茶の種類の中で「伊右衛門」を世に送り出した

「福寿園」。

 

そこで会長を務めるのが「福井正憲」さんです。

 

創業者の子孫に生まれ、現代にマッチしたヒット作を

生み出した福井さん。

 

お茶一筋に歩んでこられた人生のようです。

スポンサードリンク

 そんな福井さんについて調べてみました。

 

 

創業者一族とはいえ28歳で専務

名前:福井正憲(ふくい まさのり)

生年月日:1936年

出身地:京都府京都市

学歴:同志社大学経済学部卒

職業:株式会社福寿園 会長

「伊右衛門」はTVCMでも有名ですよね。

でもTVCMでは「サントリー」が前面に出ていますが、

何と福寿園との共同開発で生み出された商品です。

 

福寿園の創業は1790年です。

200年以上続く老舗企業が、超有名飲料メーカーとコラボ

することも意外でした。

 

大学卒業してすぐに福寿園へ入社。

28歳で専務となります。

創業者一族とはいえ…若くしての就任だと思います。

 

周囲の視線も気になるところだったでしょうが、

やはり能力が無ければ務まらない地位。

 

元々経営者と資質に優れていたのでしょう。

 

 

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s

 

 

「伊右衛門」は創業者の名前

ライバル商品とも言える「お~いお茶」もインパクトが

ある名前だと思いましたが、「伊右衛門」も双璧をなすくらい

インパクトがあると感じています。

 

その名前の由来は、創業者の名前から取ったのだとか。

勇気ある決断だったと思います。

 

創業者の名前を冠して、もしヒットせず市場から消えて

しまったら…と考えると、なかなか決断を下せないと

思いますが、大手メーカーと組んだということがあるに

せよ、「福寿園」のお茶に絶対の自信があったのでしょう。

 

売上高で1兆円を超える大ヒット商品になりました。

 

 

スポンサーリンク


 

 

息子は現社長の正興氏

現在の代表取締役社長は息子の正興さんです。

 

脈々と受け継がれる、創業者一族の血を引き継いだ方。

 

小さい頃から、正憲さんから英才教育とも言える育て方を

受けたようです。

ご本人も「自分が社長になる」と思っていたことでしょう。

 

正憲さんは54歳で社長になっていますが、正興さんは

44歳で老舗企業の舵取りを任されているのですから、

DNAがなす技なのかもしれませんね。

 

親子でありながら、会長と社長という関係。

 

お互いが支え合って、老舗企業の歴史を刻んでいるの

ですね。

 

何か…カッコいいストーリーです。

 

 

最後に

2016年9月15日の「カンブリア宮殿」に福井正憲さんが

出演されます。

福寿園の歴史や、伊右衛門の誕生秘話などが聞けるかも

しれませんね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。