日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大島博(千疋屋社長)学歴や経歴は?老舗の改革や会社も調査!

皆さんはフルーツがお好きでしょうか?

実は筆者は苦手です…というより好き嫌いが激しいが正解。

 

美味しいフルーツを提供してくれるお店と言えば「千疋屋」

有名ですよね。

 

その社長が「大島博」さんです。

 

社長就任以降様々な「改革」「変革」を導入しています。

 

2016年10月6日の「カンブリア宮殿」に出演します。 

スポンサードリンク

そんな大島さんについて調べてみました。

 

 

創業家の6代目社長

名前:大島博(おおしま ひろし)

生年月日:1957年3月13日

出身地:東京都中央区

学歴:慶応大学法学部政治学科卒業

職業:株式会社千疋屋総本店代表取締役社長

 

大学は慶応大学法学部を卒業しています。

法学部…は少々意外でしたね。

6代目社長が約束されていたのですから、イメージとしては

経営やマーケティングと言った辺りを、専門にしそうな気も

しました。

 

まぁ…法律だけ勉強するわけではないですから。

入れそうな大学に転がり込んだ筆者とは違い、高い志が

あったのでしょう。

 

卒業後は、アメリカのコロンビア大学に留学し、更にロンドン

へも行きます。

 

この辺りで、店舗経営やマネジメントを学んだようですね。

 

帰国後他社を経て、1985年に千疋屋総本店に入社します。

 

 

ohs

 

 

現代にマッチした改革で一躍注目

老舗の6代目ということもあり、歴代社長に負けぬ改革を

次々と実行していますね。

 

筆者の千疋屋に対するイメージは「高級」「上流階級御用達」

と言ったところです。

 

それが歴代の社長が積み上げてきた、伝統だと思います。

 

大島博さんは高級路線を継承しつつ、それまであまり取り込みが

出来ていなかった年齢の若い層の取り込みを図るべく、

ロゴデザインの一新や価格帯にもてこ入れをしました。

 

「老舗」「高級」路線の企業で、勇気のいることだと思いますが、

着手して結果につなげています。

 

他の老舗と言われる企業もそうですが、「その時代」にマッチした

企業運営をしているところは、比較的業績は伸びていると感じます。

 

 

スポンサーリンク


 

 

千疋屋の創業は江戸時代

創業は1834年(天保5年)です。

 

歴史を調べてみると「天保の大飢饉」の真っ最中でした。

 

当初から果物を扱っていました。

ただ、創業当時は安価な値段設定で商売をしていたようです。

 

高級路線に舵を切ったのは、江戸時代から明治時代に変わる頃

ですね。

 

「千疋屋」の企業としても歴史は古いものがありますが、

ブランドとしての存在も歴史があると言うことですね。

 

 

 

 

最後に

江戸から平成まで、創業者一族の血が受け継がれてきています。

TVでは老舗がさらに発展する経営哲学などが聞けるかも

しれませんね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。