日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎富雄(元湯陣屋)の経歴や大学は?老舗旅館再生の手腕も調査!

先日久しぶりに温泉に宿泊してみました。

 

老舗と呼ばれる旅館で、とても気持ちよく過ごせました。

 

2016年10月15日の「クロスロード」に「宮崎富雄」さんが

出演します。

鶴巻温泉にある老舗旅館「元湯陣屋」の代表です。

 

元々はエンジニアだったという宮崎さん。

旅館経営者に転じた真意などが気になりました。

スポンサードリンク

 そんな宮崎さんについて調べてみました。

 

 

前職はホンダのエンジニア

名前:宮崎富夫(みやざき とみお)

生年月日:1978年(大学院卒業から推測)

学歴:成城学園高等学校

→慶應義塾大学大学院理工学部

職業:株式会社陣屋代表取締役社長

 

出身大学は上記の通り、慶應義塾大学大学院理工学部です。

 

宮崎さんは趣味がドライブということで、車が好きという一面が

あります。

それもあったのでしょう、2002年に本田技術研究所に入社。

まぁ…いくら車が好きと言っても、簡単に入社できる企業では

ないですから。

 

技術者としての資質が大いいにあったということでしょう。

 

エンジニアとして活躍したものの、僅か6年で退職を決意し

「元湯陣屋」へと転職しました。

 

 

mot

 

 

老舗旅館は実家

華々しいエンジニアの生活を捨て、奥様とともに全く経験のない

温泉旅館の経営に乗り出しました。

 

乗り出したという表現は失礼でしょうか。

父親の死、母親の入院があり、実家でもある「元湯陣屋」の経営を

担うことになったのです。

 

鶴巻温泉では有名な老舗。

明治天皇も宿泊されたことがある旅館です。

 

まず取り組んだのは徹底した「コスト削減」

 

負債を約10億円抱えていたといいます。

 

返済するには利益体質への変換が不可欠でしょう。

言葉で書いてしまうと簡単ですが、老舗ともなると「改革」

そのものが難しい面もありますが、「再生する」という強い信念の

もと断行して行ったのでしょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

ITを駆使した旅館経営

旅館経営が軌道に乗り始めた2012年、「陣屋コネクト」という

会社を設立。

 

旅館経営に欠かせない、自社システムの開発に乗り出しました。

 

顧客の情報はもちろんですが、売上・採算管理・従業員情報といった

ものを「データベース化」して、顧客満足度の向上、売上の伸長に

つなげるという狙いでしょう。

 

人の感覚で仕事をすることも必要な面があると思いますが、

すべての従業員が同じ感覚を持っているわけではありません。

 

必要な情報を必要な時に共有することで、ムラのない接客につながる

狙いがあるものと思われます。

 

自社開発だからこそ、無限のカスタマイズも可能ですしね。

 

 

 

 

最後に

経営にかかわったとき、旅館業は未経験だったとのこと。

学校に通って基礎を学んだといいます。

そこから成功を掴み取ったのは、たゆまぬ努力はもちろんですが

「改革」を恐れずに断行したことではないでしょうか。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。