日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大松尚逸は千葉ロッテを戦力外!再契約か引退か?成績も調査!

2016年10月2日、千葉ロッテマリーンズの内野手である

大松尚逸選手が戦力外通告を受けました。

 

2008年からチームの主軸として活躍していましたが、近年は

出場試合数を減らし、2016年は1軍出場なし。

 

左の和製大砲としての期待が大きかっただけに、伸び悩んだままで

終わってしまった感があります。 

スポンサードリンク

特徴や今後の予測など、大松選手について調べてみました。

 

 

長距離砲としての片鱗は見せていた

名前:大松尚逸(おおまつ しょういつ)

生年月日:1982年6月16日

出身地:石川県金沢市

学歴:私立金沢高等学校→東海大学卒業

 

2004年のドラフトで千葉ロッテマリーンズから、ドラフト

5巡目で指名されてプロの道に入りました。

 

大卒ルーキーとしては、高い評価とは言えない評価かと。

 

チームとしても、ある程度育成に時間がかかると踏んだの

でしょう。

 

ルーキーイヤーはほぼ2軍で終えています。

2年目以降は1軍に定着し、2008年には規定打席に到達して

24本塁打、91打点を記録しています。

 

チームとしても4番を任せられる左バッターの登場はよかった

ことだと思います。

 

 

let0029-004

 

 

2011年以降は低迷

開幕スタメンを掴んだものの、極度の不振に陥った年。

 

この年を境に、1軍での出場が下降の一途をたどります。

 

打撃の不調が長引いたのか、自分のスタンスを見失ってしまった

のか。

 

彼が台頭してきた要因の「本塁打」が打てなくなったのです。

 

守備への負担を軽減することを狙ったのか、2011年終盤からは

1塁手に専念するものの、大きな打開策にはならなかった

ようです。

 

千葉ロッテに限らず、和製大砲の出現は嬉しいものです。

 

その座を掴みかけただけに、低迷から脱ししきれなかった

ことは惜しいですね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

今後の進路を予想

2016年シーズンにアキレス腱を断裂して戦線を離脱し。

そのまま戦力外通告を受けました。

 

怪我の具合が気になるところですが、トライアウト参加を

表明しているので、けがは問題ないものと判断します。

 

筆者としては、ヤクルトが合うのではないかと思っています。

 

狭い神宮球場、代打陣の層の薄さ、正一塁手不在のチーム事情

など、大松選手に触手を伸ばしてもおかしくない材料が揃って

いると感じています。

 

同じパリーグでは、西武の可能性もありかなと思っています。

 

ベテランの野手2人に戦力外通告しました。

枠が空いているということもありますが、左の代打と試合終盤の

守備要員として、チーム事情に合いそうだと思いました。

 

 

 

 

最後に

打撃の好不調の波が激しく、それがどう評価につながるかは

難しいところですが、一度は1軍でレギュラーを掴んだ選手。

もう一花を咲かせてもおかしくはないと思います。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。