日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青松敬鎔は千葉ロッテを戦力外!再契約か引退か?成績も調査!

千葉ロッテマリーンズに在籍する「青松敬鎔」選手が、

12年間在籍したチームから戦力外通告を受けました。

 

1軍での出場機会には恵まれず、大半を2軍で過ごしました。

 

それでも12年間在籍できたのは、大化けする可能性を秘めて

いたからではないと感じます。

 

成績は後述しますが、残した成績からすると長く在籍できた

のではないかと思います。 

スポンサードリンク

そんな青松選手について調べてみました。

 

 

プロ入り初ヒットは8年目

名前:青松敬鎔(あおまつ けいよう)

生年月日:1986年12月7日

出身地:京都府京都市出身

学歴:私立上宮大子高等学校卒業

 

プロ通算12

1軍出場26試合

通算安打9

通算打率.214

2004年のドラフト7位で千葉ロッテマリーンズ入団。

 

2年目に1試合だけ1軍で出場しますが、以降7年間は2軍で

過ごすことになります。

 

長く捕手として選手登録されていましたが、2軍では1塁手と

捕手で併用されていました。

 

プロ入りから8年目が経過した2013年に、プロ初ヒットを記録。

 

この年は通算で9試合に出場し、5本のヒットを放っています。

 

 

let0029-004

 

 

引退の前年は2軍でタイトル獲得

2016年は1軍出場がありませんでしたが、2015年にはプロ入り

11年目で初本塁打を記録し、2軍では首位打者と本塁打王に

輝きました。

 

遅咲きの選手がようやく覚醒したかと思いましたが、チーム

事情もあったのでしょう。

13試合の出場にとどまっています。

 

2013年からは内野手登録されていたので、捕手として1軍の

経験はありません。

 

出場試合数を伸ばせなかったのは、やはり1軍に定着する力が

足りなかったということでしょうか。

 

それでも高卒で入団したとはいえ、7,8年で戦力外通告を

受ける選手が多い中、12年間も同じチームに在籍できたのは、

選手としての可能性もあるでしょうが、人柄も備わっていた

のではと感じます。

 

 

スポンサーリンク


 

 

今後の進路は…

これまでの成績を見る限り、他球団との契約を勝ち取るのは

難しい…が印象です。

 

晩年に打撃が開眼した感じは受けますが、トータルで見ると

打撃に難があるといえるでしょう。

 

守備も1塁手としか使えないのもマイナスに作用しそうです。

 

それでも再契約というところで焦点を絞ると、捕手と内野の選手層が

薄い楽天が候補に挙がります。

 

試合終盤の守備固めや、有事の際の3番手捕手という立ち位置が

あるように感じます。

 

2軍とは言え打撃は開眼した感があるので、シーズン通しては

難しいでしょうが、1軍での居場所はあるように感じます。

 

 

 

 

最後に

合同トライアウトに向けて準備を進めている中で、2015年に

戦力外となり、その後アメリカに渡った中後悠平投手が、

キャッチボールの相手(捕手の練習)に付き合ったという報道を

見ました。

中後悠平選手の記事はこちら

現役への意欲がある以上、どんな形であれ活躍することを

願ってやみません。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。