日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西川健太郎は中日を戦力外!トライアウトから再起?成績も調査!

中日ドラゴンズ所属の「西川健太郎」選手が、戦力外通告を

受けました。

 

ドラフトでは上位入団で将来性も、高く評価されていましたが、

無念の通告を受けることに。

 

野球名門校出身で、憧れのチームに入団。

順風満帆に見えていた矢先でした。

 

1軍での成績は決して特筆すべきものではないですが、将来性と

いう部分ではまだあると感じています。 

スポンサードリンク

そんな西川選手について調べてみました。

 

 

プロ2年目で初勝利

名前:西川健太郎(にしかわ けんたろう)

生年月日 :1993年4月18日

出身地:石川県金沢市

学歴:私立星稜高等学校

 

2011年ドラフト2位で中日ドラゴンズへ入団。

ルーキーイヤーから1軍出場を果たします。

 

2軍で好成績を残しての1軍昇格です。

2軍と言えども開幕からチャンスを与えられ、チャンスを掴んだ

のですから、球団の期待もあったでしょうし、本人の溢れる

才能もあったのだと思います。

 

2年目の2013年には、念願のプロ初勝利を挙げます。

先発として好投し、7回途中まで完全試合という内容でした。

 

その後は結果が伴わずにやや低迷気味でした。

 

2014年は1軍出場がなく、2015年に再び1軍で勝利。

通算2勝で戦力外通告を受けました。

 

 

let0029-004

 

 

大きくゆったりとしたフォームが印象

入団時に彼を映像で見たことを覚えています。

 

言い方は変かもしれませんが「高校生らしくない」大きく

ゆったりとしたフォームだと感じたことを思い出しました。

 

球速で勝負というより、ボールのキレ・コントロールで

勝負するピッチャーなのかと。

 

チームには伸び悩みがあると判断したのか、2016年シーズンは

サイドスローでのフォームも模索したようです。

 

そういうことを考えると、オーバースローでは制球が甘くなる

傾向があったのかと思いますね。

 

もちろんトレーニングはしていたでしょうが、結果としては

大きな体を生かしきれずに今に至ったという感じでしょうか。

 

 

スポンサーリンク


 

 

今後の去就を推測

プロの眼力を持っているわけではないので、西川選手が何をすれば

いいのかは分かりません。

 

ただ、環境が変わって指導者も変われば、年齢的なことを考えると

まだ伸びしろはあると感じています。

 

育成契約…となると色々な球団が候補に挙がりますが、支配下登録

となった場合、2016年で日本一になった日本ハムが面白いと

思います。

 

育成に定評があるのは周知のとおり。

西川選手に対する見方一つですが、好素材であることに間違いはない

ですから、日ハムの育成システムで磨いていくのも面白いかなと

思います。

 

 

 

 

最後に

2016年の合同トライアウトには、日本ハムの木田優夫GM

補佐の姿がありました。

 

その目的は定かではありませんが、GM補佐が来るということは、

お目当ての投手がいるのではと勘ぐってみたくなります。

それが西川選手かは現時点ではわかっていません。

 

*その後、現役を引退して、中日ドラゴンズと打撃投手として

 契約しました。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。