日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐渡島庸平の勤務先は?元講談社での作品は?学歴や年収も調査!

講談社と言えば、数々の大ヒット漫画を世に送り出した出版社

として、誰もが知っている会社ですよね。

 

その講談社出身で敏腕の「作家エージェント」として活躍するのが

佐渡島庸平さんです。

 

講談社時代には大ヒット漫画に多くかかわり、その名を馳せました。

 

現在は独立して違う形で漫画にかかわっています。 

スポンサードリンク

そんな佐渡島さんについて調べてみました。

 

 

超がつくほどのエリートコースを歩む

名前:佐渡島庸平(さどしま ようへい)

生年月日:1979年

学歴:私立灘高等学校

→東京大学文学部卒業

職業:株式会社コルク代表取締役

 

あまり細かなプライベート情報は見つかりませんでした。

 

中学時代は、南アフリカ共和国で生活していたという

経験の持ち主。

父親の仕事の関係かと想像します。

 

高校は…東京大学合格者を多数輩出している「私立灘高等学校」。

中学時代は異国の地にいたにもかかわらず、高校は偏差値全国

トップクラスの超難関高校へ入学。

 

一体…どんな頭脳を持っているんでしょうね(笑)

 

その後は東京大学を経て、出版業界の最大手ともいわれる

「株式会社講談社」へ入社しています。

 

この講談社は、超がつくほどの人気企業でもあり、就職倍率は

数百倍ともいわれています。

 

エリートコースを歩んでいると表現しても過言ではないでしょう。

 

 

cor

 

 

人気漫画を数多く担当

人気漫画の宝庫ともいえる講談社ですが、佐渡島さんは中でも

「バカボンド」「ドラゴン桜」「働きマン」「宇宙兄弟」

と言った、漫画をあまり知らない人でも知っているビッグネームの

編集者として活動してきました。

 

これはやはり仕事に対する能力がたかったことが、著名な漫画を

担当する礎になったと思います。

 

東京大学を出たからというだけではないですよね。

 

逸話として聞こえてくるのが、とある漫画を「参考書コーナー」にも

陳列し、売り上げを劇的に上げたと言われています。

 

一般的に編集者は、漫画家から原稿を受け取り、それを雑誌に

入稿することが仕事ではないかと思います。

 

ですが佐渡島さんはいかに売れるか、いかに認知してもらえるか

と言った、マーケティングとも思われる思考を駆使して仕事を

していたようですね。

 

筆者は全くの素人ですが、「編集者」の域を超えているのだと感じました。

 

 

スポンサーリンク


 

 

編集者から作家エージェントへ

佐渡島さんを紹介する上で「作家エージェント」と評されることが

多いようですね。

 

講談社時代の仕事をさらに拡大させたものだと思います。

 

漫画だけではなく「作家自身」のエージェントまで請け負って

いるという解釈でいいと思います。

 

マーケティング・コマーシャル・プロモーションと言った部分

まで関与して、作家と作品を世間に送り出すことが生業なのだと

感じます。

 

どんな仕事でもそうですが、想像の広げ方でいくらでも仕事は派生

できますよね。

それを実践するかしないかは、その人の価値観や人間力次第化と。

 

こんな偉そうなことを書いている筆者ですが、企業の一歯車として

普通に仕事をしています…失礼。

 

 

 

 

最後に

電子コンテンツが一般的になってきたこともあり、媒体は紙に

固執する必要はないと感じています。

そう考えると、佐渡島さんの活躍フィールドはますます広がる

感じています。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。