日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冨田一樹(オルガン奏者)の大学は?受賞歴や動画もチェック!

世界で活躍する日本人を記事にすることが多いですが、

そんな人をまたまた見つけました。

 

オルガン奏者(オルガニスト)の冨田一樹さんです。

 

2016年12月4日の「情熱大陸」に出演します。

 

現在も大学に在籍中でありながら、世界からその演奏技術は

高い評価を得ているとのことです。

 

最近まだ栄誉なこともあったとか。 

スポンサードリンク

そんな冨田一樹さんについて調べてみました。

 

 

子供の頃からクラシック音楽に親しむ

名前:冨田一樹(とみた かずき)

生年月日:1989年(推測)

出身地:大阪府摂津市

学歴:大阪府立山田高等学校

→大阪音楽大学音楽学部卒業

→【ドイツ】リューベック音楽大学在学中

 

現在は、ドイツにあるリューベック音楽大学に在籍

している冨田さんですが、その前は大阪音楽大学音楽部で

パイプオルガンを専攻していました。

 

日本の大学で音楽を学んだあと、本場と言われる海外へ。

幾度が聞いたことがある流れにも思えますが、冨田さんの

場合は、大阪音楽大学を首席で卒業しています。

 

そう、日本でトップになって海外へ行ったのです。

 

日本でトップになった彼の目には、世界が映っていた

のでしょう。

 

幼少の頃に、お母さんの影響で聞いたクラシック音楽に

興味を持った少年が、その道を突き進み世界へと羽ばたいて

いくのです。

 

 

tom

 

 

ドイツの由緒あるコンクールで優勝

2016年7月、ドイツのライプティヒで開催された

『国際バッハコンクール』

オルガン部門で、日本人として初めて優勝の栄誉に

輝いています。

 

世界各国から集まった、その道の精鋭たちを退けての優勝。

 

コンクールではバッハの作品を演奏しました。

バッハの作品は複雑で難しいとされていますが、演奏技術も

さることながら、類まれな表現力も発揮して栄誉を勝ち取り

ました。

 

また、受賞歴ということではありませんが、500年前に

作られた【奇跡のオルガン】と称されるパイプオルガンの

演奏をする機会を得ました。

 

これも日本人として初めてのことです。

 

日本でも、歴史的に由緒あるものについて、おいそれと誰もが

触れられるわけではないですよね。

その道を究めた人や、その道の専門家など、選ばれた人が得る

権利とも言えます。

 

欧州の歴史に、日本人が足跡を残した瞬間と言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

彼の動画は多数ある

この記事を書くにあたって、Youtubeを何本か見ました。

パイプオルガンという単語は知っていましたが、真剣に聞いた

ことがありませんでした。

 

また、筆者にとってオルガンとは、小学校の教室に置いてある

ようなものでしたので(笑)

 

とにかく「音」に圧倒されたのがこの動画です。

 

他の楽器とセッションしていると思えるほど、複雑というか

深みのある音が奏でられています。

 

こちらは、音符の進行がわかる動画です。

 

音符などほとんど読めない筆者ですが、なぜか面白く

見ることができました。

 

 

最後に

まだ20代の冨田一樹さんですが、パイプオルガンの

世界では世界に名を轟かせつつあります。

今後も欧州を中心に活動することと思いますが、

更なる活躍を期待します。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。