日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南雲二郎(八海醸造)の学歴は?八海山の人気の秘密や家族も調査!

2016年も12月に入りました。

寒い日が続きますね。

大好きなおでんを食べながら、日本酒を飲む日も

増えています(笑)

 

日本酒の代表的な銘柄と言えば「八海山

思い浮かびます。

 

その蔵元「八海醸造」の社長が「南雲二郎」さん。

 

2016年12月8日の「カンブリア宮殿」に出演。

 

甘酒も大人気なんだとか。

 

地酒ブームに奢ることなく、高品質のお酒を造り

続けているようです。 

スポンサードリンク

そんな南雲さんについて調べてみました。

 

 

創業家の三代目社長

名前:南雲二郎(なぐも じろう)

生年月日:1959年1月21日

出身地:新潟県南魚沼市

学歴:東京農業大学短期大学部卒業

職業:八海醸造株式会社及び

株式会社八海山代表取締役社長

 

家業を引き継いで社長へ就任しましたが、

南雲二郎さんは長男ではありません。

 

それぞれの家庭に事情はあると思いますが、

この南雲家には「好きなことをせよ」と言う家風が

あるのかもしれませんね。

 

南雲二郎さんは4人兄弟の3番目で会社を

継いでいます。

 

学歴に記載の通り、東京農業大学短期大学部で

学んでいますが、学科は「醸造学科」とのこと。

 

南雲二郎さんは「強い意志があって進学したわけ

ではない」と言う趣旨のことを言っていますが、

やはり家業を引き継ぐことは、常に頭にあった

ものと思います。

 

卒業後に「八海醸造」へ入社しました。

 

画像をクリックすると、「八海山」のHPへ飛びます。

hac

 

 

高品質で低価格を実現し人気

何年かに一度は到来する「地酒ブーム」ですが、

八海山は地酒の中でも代表的な銘柄ですよね。

 

筆者も好きでよく飲むお酒の一つです。

 

ただ、前は高級な地酒でした。

飲食店で飲んでもいい値段もしました。

 

それがいつの間にかリーズナブルな価格と

なっていて驚いたことがあります。

 

南雲二郎さんが仕掛けた「八海山」の量産体制の

お陰と言えるでしょう。

 

どんなに良いお酒でも、値段が高ければなかなか

飲んでもらえませんし、市場への流通も滞ることに

なります。

 

「八海山」の品質を落とすことなく、量産することを

実現して、市場に「八海山」の名前を轟かせることに

成功しました。

 

やはり多くの人に飲んでもらうことが、一番の宣伝で

あり収益につながりますからね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

家族の情報は?

奥様やお子さんの情報はありませんでした。

 

確かに南雲二郎さんは一般の方ですから、

プライベートな情報は公表していないのかも

しれません。

 

ただ、会社概要を見ると「南雲」の名字の人が

何人かいました。

 

もしかしたら、兄弟やご家族が名前を連ねている

可能性があります。

 

ちなみに、南雲二郎さんのお父さん(先代社長)は

6人兄弟の末っ子で社長へ就任したそうです。

 

先代の頃から「好きなことをせよ」のポリシーが

あったのかもしれませんね。

 

とはいえ、「八海山」のブランド力を守り抜いた

2人の社長は、共に創業者魂に満ち溢れているのは

言うまでもありません。

 

 

 

 

最後に

2016年12月8日の「カンブリア宮殿」では、

「八海山」のお酒もそうですが、展開するレストランや

食材店なども紹介されるようです。

「八海山」のブランド戦略が見えるかもしれませんね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。