日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本波幸一(釣り士)職業は?経歴や結婚やイトウを釣った実績は?

筆者の故郷は北海道ですが、釣りには全く縁がありません。

父親は好きだったのですが、息子は全くその血を引かず…(笑)

 

その「釣り」の世界で、第一人者とも言えるのが「本波幸一」さん。

 

2016年12月18日の「情熱大陸」で取り上げられます。

 

幻の魚として有名な「イトウ」を追う姿に密着しています。

スポンサードリンク

本波幸一さんの職業など、彼について調べてみました。

 

 

釣り士とは職業なのか?

名前:本波幸一(ほんなみ こういち)

生年月日:1959年

出身地:岩手県

学歴:岩手県立宮古水産高等学校

職業:釣り士

 

職業に「釣り士」と記載しましたが、広い意味で職業と言える

でしょう。

 

主な収入源としては、自作の釣り竿やルアーなどを販売して

います。

 

第一人者とも言える人の手作り製品ですので、常に品薄状態と

なっているようです。

 

値段も高め設定ですが「本波スピリッツ」と呼ばれる

ブランドが名づけられていて、根強いファン層に支えられている

ようです。

 

また釣り具メーカーの製品テストなどもやっていて、いくつかの

メーカーと契約しています。

 

そういう観点で行くと「釣り士」は、立派な職業に当たると

いえると思います。

 

画像をクリックすると、本波さんのFacebookページへ

hon

 

 

 

44歳の時に釣り専門に

釣りには子供の頃から親しんでいました。

父親が漁師ということもあって、釣りに親しむ環境が整って

いたといえるでしょう。

 

高校卒業後に旧国鉄へ入社します。

社会人になっても釣り好きは収まらず、返って増していった

ようですね。

 

与えられる有給休暇は、すべて釣りに費やしていたとのこと。

 

そこまで没頭できる趣味があるというのは、うらやましいと

思います。

 

筆者には何があるだろうか…と考えても思い浮かびません(笑)

 

44歳の時に、企業としては安定していた国鉄(JR)を退職して

「釣り士」へとデビューします。

 

生業にするという強い覚悟があったと想像されますね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

結婚の有無やイトウの実績は?

結婚をしているという情報は見つかりませんでした。

 

これはもう想像の世界になるのですが、44歳の時に国鉄を

退職して独立、釣り士として全国を回っていることを考えると…

独身の線が強いのではないかと感じます。

 

仮に結婚していたとしたら…ご家族は相当理解があると

感じます。

 

イトウを釣った実績としては112cm・15kgを釣り上げたことが

あるとのこと。

 

イトウは北海道の一部の地域にしか生息せず、釣り上げることが

難しいため「幻の魚」とも称されます。

 

その魚を釣った実績があるのですから、さすが「釣り士」と

いうところでしょうか。

 

 

 

 

最後に

今回の情熱大陸では、150cmを超える「イトウ」を追う姿が

中心となるみたいです。

幻の中の更に幻を狙う姿は、必見かも知れませんね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。