日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌すすきのでラーメンならこれがおすすめ!個性的な味を紹介!

北日本一の歓楽街として有名な「すすきの

札幌市の中でも、特に賑わいを見せるエリアです。

 

札幌市民はもとより、観光で訪れた人、一度は足を運んだ人も

多い場所ですね。

 

様々な飲食店が立ち並ぶエリアですが、札幌を代表する食べ物の

一つが「ラーメン」です。

 

すすきにも美味しい店がたくさん。 

スポンサードリンク

そんな中でも筆者がチョイスした「ちょっと変わったラーメン」を

提供する店を紹介したいと思います。

 

 

香ばしい魚介がクセになる「弟子屈」

住所:札幌市中央区南5条西3丁目

元祖さっぽろラーメン横丁

店名の「弟子屈」とは、北海道川上郡にある町の名前。

あの有名な「摩周湖」がある町として有名です。

ここの街に総本店を構えています。

 

札幌市内や近郊にも数店舗を構えています。

 

 

筆者の生まれ故郷は、弟子屈町にほど近い街なので、

昔からこの店は知っていました。

 

まさか札幌でも味わえることができるとは…と、店を発見したときは

胸を躍らせたものです。

 

ラーメン横丁の北側の入口から4件目に「弟子屈」があります。

 

ラーメンのメニューは豊富なラインナップがありますが、

筆者がお勧めしたいラーメンは、この店の一番人気(のはず…)で

あり、この店の基本とも言える「魚介しぼり醤油」です。

 

 

麺はやや太めで、濃厚なドンコツベースの魚介スープがよく絡みます。

 

ラーメンが目の前に運ばれてきた瞬間から楽しめます。

 

一番手は「香り

どこかに魚料理があるのではと思うほどの、パンチの効いた

香りが漂います。

 

トンコツがベースになっているのですが、あまり全面には出て

こず「魚介」がしっかりと主張します。

 

やや濃い目の味にも感じられますが、一口二口と進めていくうちに

段々とクセになる味だと思いますよ。

 

筆者は何度も訪れていますが、必ずスープまで飲み干します。

 

ちなみに、トッピングされているチャーシューは、目の前で火で

炙ってくれます。

この炙ったときの香りも本当に食欲がそそられますよ。

 

魚介を謳ったラーメンは多くありますが、「弟子屈」の魚介はかなり

印象に残る味だと思います。

 

 

濃厚かつクリーミーな背脂スープ「山嵐黒虎」

住所:札幌市中央区南3条西1丁目

 

すすきのからは少し離れた場所にあります。

「スガイディノス」から、北に向かって30秒ほど歩いた場所に

あります。

 

この「山嵐」は、札幌でも有名なラーメンブランドです。

姉妹店や系列店が、札幌市内でも展開されています。

 

山嵐」の特徴は何と言っても「背脂」ではないかと思って

います。しかも…その量は他の店と比べると明らかに多いでしょう。

 

メニューは「」「」「」という名前で構成されています。

筆者は「黒」が好きなのでよく食べます。

 

 

見た目と一口スープを飲んだ瞬間は「クリーミー」が

全面に出るスープですが、画像の真ん中にある黒い物体を

スープに溶かすと、真っ黒に変色します。

 

 

この黒い物体は「ひき肉」です。

調理方法は分からないのですが、香ばしいながらもペッパーが

よく効いたこのひき肉を、スープに溶かすと全然違った味が

楽しめます。

 

筆者はこのハーモニーが好きで「」をよく食べるのです。

 

人によって感じ方は異なると思いますが、筆者は「くさみ」や

えぐみ」といったものは殆ど感じません

(とんこつ・背脂が苦手な人は相当感じるかもしれませんが)

 

 

とは言え、筆者も体調によっては、全てスープを飲み干すのが

しんどい時もあります(笑)

 

味噌」「醤油」「」と、どのジャンルにも属しない新しい

ラーメンではないでしょうか。

 

スープをあっさりと頂きたい人は「ネギダク」にすることもお勧め。

 

 

写真は「」の「ネギダク」です。

ここまでネギが多いと、スープの濃厚さは少し和らぎますよ。

パンがトッピングされていますが、意外と濃厚なスープと合います。

ぜひ試してもらいたいですね。

 

スポンサーリンク


 

海老そばの元祖といえば「縁や」

住所:札幌市中央区南4条西4-1 ラフィラ B2F

 

場所はとてもわかり易く、すすきの交差点にある「ラフィラ」

の地下2階にあります。

 

筆者がこの店を知ったのが、今から15年以上前。

札幌市の八軒というところ車で走っていたとき、JR高架下に

あったときに見つけたときが最初。

 

その時は何も知らなかったのですが、「海老そば」の美味しさに

驚かされました。

 

厚別区への移転を経て、今の場所へ店を構えています。

ここで食べるのは何と言っても「海老そば(味噌)」です。

 

 

最初に断っておきますが「がっつり海老の味がする」ということでは

ありません。

 

マイルドに仕上がった味噌のスープに、海老油と思われるものが

かかっています。

 

味噌と海老が絶妙のハーモニーです。

どちらかが強い・弱いということはありません。

このハーモニーが、最後まで飽きさせずに食べることができる

のではと感じます。

 

マイルドな味噌のスープが何と言っても絶品なので、海老がよく合う

のではないかと思いますね。

 

札幌市内には「名店」「評判店」が数多くあります。

今まで、そういったカテゴリに含まれて紹介されているのを

見たことがありませんが、十分肩を並べるだけの味だと思います。

 

札幌では「えびそば 一幻」という店が、人気を博していますが、

そちらとはまた一味違ったラーメンです。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。