日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桑田一成(エコリング社長)は元官僚?大学や急成長の理由も調査!

エコ」と言われて久しい世の中ですね。

 

リサイクル」や「リユース」がスタンダードとも

言えるここ最近。

街中でリサイクルショップを目にすることも多いです。

 

そんな「リサイクルショップ」で急成長を遂げているのが

株式会社エコリング

その会社の社長が「桑田一成」さんです。

 

2017年2月23日の「カンブリア宮殿」に出演。

 

創業から15年で、業界4位に成長させた辣腕の持ち主。 

スポンサードリンク

そんな桑田一成さんについて調べてみました。

 

 

郵政相の元官僚だった

名前:桑田一成(くわた いっせい)

生年月日:1968年12月19日

出身地:兵庫県姫路市

学歴:日本大学農獣医学部卒業

職業:株式会社エコリング 代表取締役社長

 

大学卒業後は郵政省に入省し、官僚としての

キャリアを歩んでいました。

 

試験を受けて簡単に入ることが出来る職場では

ないですから、相当な学力があったものと想像します。

 

大学時代には「学生起業」を果たし、カフェの運営を

していたとのこと。

 

その道に進むべく活動をしていたようですが、

「バブル崩壊」が日本を襲います。

 

筆者の周囲にもいましたが「安定志向」を目指す人、

舵を切る人が多かったですね。

 

桑田さんもそんな考えだったようです。

 

実際に筆者の友人も、IT企業への就職を目指して

いましたが、親からの強い勧めで公務員になった人も

います。

 

人生を揺さぶってしまう程の不況だったとも言えますね。

 

↓↓下記をクリックすると「エコリング」のHPへ飛びます

 

 

大学は獣医学部出身

当初は獣医師として開業を目指して進学しました。

 

そこで勉強を重ね、経験を積むうちに、上段でも書いた

通り「カフェ」を開設しています。

 

「安定志向」を求めて郵政省へ入省しましたが、

「出世するまでに10年かかる」と言われたことを機に

退職を決意したそうです。

 

上昇志向が強かったと言えるのでしょうね。

 

休職中に利用した「オークションサイト」で利益を

得たことで「リサイクル」への可能性を見いだし

起業へとこぎ着けるわけです。

 

筆者も利用したことがありますし、確かに利益も得た

ことがあります。筆者の場合は「ただ嬉しかった」だけ

でした(笑)

 

ビジネス的な思考を持ち合わせていることもそう

でしょうが「起業」に対する意欲も強かったと言える

でしょうね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

創立15年で業界4位の急成長企業

「株式会社エコリング」は2001年に創業の

比較的新しい企業ですが、年商100億円を超える

企業へと成長しました。

 

筆者…エコリングを利用したことはないのですが、

業界大手に甥っ子がバイトをしている関係もあり、

年に数回はリサイクルショップを利用します。

 

当然のことなのかもしれませんが、業界大手と言われる

企業は「品ぞろえ」が本当に豊富だと思います。

 

エコリングも例に漏れず、品ぞろえが豊富とのことですが、

それはイコール買い取りが多いとも言えると思います。

 

桑田一成さん率いるエコリングは「何でも買い取る」

ことをモットーとしているそうですが、それは間違い

ないでしょう。

 

しかし、買い取ったものをただ陳列すればよいわけ

ではありません。

 

「商品」として付加価値をつける、企業努力もあること

でしょう。

 

ただ「リサイクル」に可能性があるだけではなく、

その可能性を開花させるアイディアを、次々と実現して

いった桑田一成さんの企業人としての大きさを感じます。

 

 

 

 

最後に

「リサイクル」「リユース」の事業は、成長路線を行く

業種・業界となるでしょう。

現在は業界第4位ですが、いつの日か業界トップ企業へ

躍り出る日が来るかもしれませんね。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。