日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相撲には欠かせない行司とは?番付書きや相撲字の習得も仕事!

相撲は日本の国技として、老若男女問わず人気が

ありますよね。

 

相撲の主役はもちろん力士ですが、相撲には欠かせない

裏方がいます。

 

力士と共に土俵へ上がり、きらびやかな装束で軍配を裁く

「行司」です。

 

土俵上の姿の他にも、様々な仕事や役割があるのは

ご存知でしょうか。 

スポンサードリンク

今回は番付と相撲字についてです。

 

 

意外?番付は行司が書く

TVの大相撲中継を見ていると、TV画面や電光掲示板などで

筆太で力強く書かれた、独特の文字を見ることがあります。

 

あれを「相撲字」といいます。

有名な書家が書いている…ということはありません。

あの文字を書いているのは行司です。

 

土俵上の裁きが上手でも、相撲字が書けなければ行司失格

と現役の行司が語るほど、行司にとって相撲字の習得は大事な

ことなのだそうです。

 

行司は基本的に全員番付を書きます(見習いを除く)。

先輩や師匠について基礎を学び、あとは自己研鑽で修得して

行きます。

 

また。相撲字習得のための講習会なども行われているようです。

 

その中でも、紙に印刷されて全国各地へ配られている番付は

行司の中でも特に字の上手な人として、選ばれた行司が書いて

います。

 

番付の書き手」としても評されます。

 

現在は、三役格行司の3代木村容堂が担当しています

(戦後7人目)

 

過去の主な「番付の書き手」としては、

10代式守与太夫(清三郎時代含む)、

26代式守伊之助(庄二郎時代)、

30代木村庄之助(容堂-林之助時代)、

36代木村庄之助(與之吉-敏廣時代)

が担当して来ました。

 

行司は全員番付を書くと言いましたが、他の行司は地方巡業や

イベントなどで使用される番付を書きます。

 

 

 

 

番付の特徴や書く際の苦労など

皆さんが目にする紙に印刷された番付は、原本から縮小

されたものです。

原本の大きさは模造紙とほぼ同等の大きさと言うことです。

 

完成までには10日から2週間程度の時間がかかるとのこと。

 

そして…紙に書くのではなく「板」に書きます。

なので、間違えるわけには行きません。

細心の注意を払って書くそうですが、それでも間違える場合が

あるそうです。

 

そんな時は、これもまた細心の注意を払って、板を削り書き直す

とのこと。

 

この番付には相撲協会に所属している人がほとんど書かれます。

人数としては800人~1000人にも上ります。

 

これだけの人数の名前を書いて、ミスが許されないという仕事。

 

番付を見てもお分かりの通り、太い字から細い字まであります。

何種類もの筆を使い分けて書くことも必要です。

文字の大きさによっても、微妙に文字が異なります。

それでも基本の形は崩さず書き上げています。

 

また、特に相撲字が上手い行司を「能筆」と呼びます。

「番付の書き手」は総評されることが多いのですが、それ以外でも

「能筆」と呼ばれた行司がいます。

 

名前が挙がる行司としては、31代木村庄之助、32代木村庄之助が

有名です。

 

この2名と「番付の書き手」を務めた、30代木村庄之助は

同期入門とのこと。同期で切磋琢磨したことが伺えますね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

番付・相撲字に込められた意味

筆太な文字と評しましたが、相撲字は別名「根岸流」とも

呼ばれます。

 

番付を見ていると、隙間が無くびっしりと墨で埋め尽くされた

印象も持ちますが、それにはきちんとした理由があります。

 

大相撲の本場所や巡業場所などで

「隙間なくお客さんに入って欲しい…」

つまり、満員御礼を願って書かれているとのこと。

 

とは言え…最近は行司泣かせなこともあるのだとか。

 

それは…四股名が一文字の力士が増えたことがあります。

「勢(いきおい)」

「魁(さきがけ)」

「輝(かがやき)」

「彩(いろどり)」

と言った力士ですね。

 

数年前には。幕内で一文字の力士が番付上で並んだことが

あります。

 

当然空白部分が目立ってしまいますが、これには番付を担当した

行司も致し方ないと思ったそうです。

 

現在の書き手である3代木村容堂は、初めて担当した場所で非常に

珍しい「空位」の番付を手掛けたそうです。

 

こちらも番付編成会議で決まった番付なので、行司にはどうしようも

ないですよね。

 

↓↓ 空位の番付表

 

 

まとめ

相撲字について

「5年経って形になる人もれば、10年経っても書けない人もいる」

とはある行司のコメントです。

 

相当な研鑽が必要なようです。

 

番付以外にも、所属部屋の仕事の中で相撲字は頻繁に使われます。

所属部屋の様々な庶務をこなすことも、行司の大切な仕事。

そう言う面を考えても相撲字の習得は欠かせないのですね。

 

行司の掛け声・呼び上げの記事はこちら

行司の名前についての記事はこちら

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。