日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤尾益雄(神明社長)の経歴は?かっぱ寿司の関係やあかふじ米も調査!

お米…筆者は大好きです。

 

ここ最近は仕事が忙しいせいもあり、妻の握る梅おにぎりと

塩むすびを弁当として毎日食べています。

 

米は日本人の食の中心と言ってもよいですよね。

 

そんな米を取り扱っている中で凄い人を見つけました。

「藤尾益雄」さんです。

米の卸問屋の社長をしています。

 

「あかふじ米」というブランド米を展開し、外食産業とも

資本提携しているのだとか。 

スポンサードリンク

そんな藤尾益雄さんについて調べてみました。

 

 

藤尾益雄の経歴

名前:藤尾益雄(ふじお みつお)

生年月日:1965年

出身地:兵庫県神戸市

学歴:芦屋大学教育学部

職業:株式会社神明ホールディングス

代表取締役社長

大学卒業と同時に「株式会社神明」へ入社しています。

 

入社約10年で常務取締役へ昇進。

その後専務を経て、2007年に代表取締役社長へ就任。

 

若くして要職を経験しているだけあって、社長就任後の

「神明」の業績伸長ぶりは目を見張るものがあります。

 

「神明」一筋に働いてこられて「神明」と言う会社の

発展はもちろんですが、「米」を「文化」として守り続けたい

との強い想いがあるようです。

 

「文化=食文化」と括ってしまうのは簡単ですが、

藤尾益雄さんは、米が作られる水田や、農業そのものを

守ろうという高い志を持っていますね。

 

その一番手として「米」を多くの人に食べてもらいたい

という願いがあります。

 

↓↓↓ 画像をクリックすると「神明」のHPへ飛びます

 

 

かっぱ寿司との関係

以前から米の消費量が低下しているというニュースが

出ていますよね。

 

「米」を食べる人が減った、生産量が減った、そもそもの

人口減少など要因は色々と考えられます。

 

家庭以外で「米」が消費される一番手は外食産業でしょう。

 

その中でも家族連れが多く訪れ「米」の消費が多い

「回転寿司」

に着目したのだと想像します。

 

何故かっぱ寿司を選んだのかは定かではありません。

 

筆者は以前、仕事の関係で様々な企業の業績に注目していた

ことがありました。

 

筆者の中ではかっぱ寿司は経営状態が思わしくない会社

として記憶していました。

 

そのかっぱ寿司と業務提携することで、自社のコメをより

多くの人に食べてもらうと同時に、かっぱ寿司そのものも

経営改善してしまったのだと思います。

 

過去の話になりますが、かっぱ寿司の取締役に名前を連ねていた

時があります。

 

現在かっぱ寿司は経営が安定しているようです。

藤尾益雄さんの経営改善が功を奏したのではないかと推測します。

 

 

スポンサーリンク


 

 

あかふじ米とは

あかふじ米とは「神明」が展開するお米のブランドです。

 

とにかく…品質管理がものすごいのだとか。

あかふじ米の品質管理のために設備投資は惜しまないとも

言われています。

 

安心・安全は食の基本ですね。

とは言え実践することは並大抵なことではありません。

 

また、多くの米のブランドがあります。

その中で秀でた人気を誇っているということは、味や品質が

消費者に伝わっている証だと思います。

 

お米を提供していることは間違いありませんが、

同時に価値も提供していると思います。

 

こういうところにも、類稀な経営手腕を垣間見ることが

出来ますね。

 

 

 

 

最後に

「神明」は売上高1000億円企業です。

「米」が主力商品でありながら、海外展開も積極的です。

 

日本国内でもまだまだ発展の余地は残っていると思いますが、

世界にもシェアを広げています。

藤尾益雄さんの今後の打ち手には注目ですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。