日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久保俊治(ヒグマ猟師)の出身や経歴は?妻や娘や狩猟も調査!

筆者は北海道在住で、現在は都市部に住んでいますが、

子供の頃は北海道の中でも、かなり田舎と呼ばれる場所に

住んでいました。

 

筆者が子供の頃に住んでいた町の近くに有名な猟師がいます。

 

それが「久保俊治」さんです。

ヒグマの猟師と言えば久保さんと呼ばれるほどです。

 

子供の頃父親から聞かされた記憶があります。

 

「情熱大陸」や「プロフェッショナル 仕事の流儀」と言った

人気番組でも取り上げられたことがある方です。

 

また、久保さんの娘さんは過去に、TVのドキュメンタリー

番組にも出演。

スポンサードリンク

そんな久保さんについて調べてみました。

 

 

久保俊治さんの出身と経歴

名前:久保俊治(くぼ としはる)

生年月日:1947年

出身地:北海道小樽市

学歴:小樽商科大学短期大学部

職業:牧場経営・ヒグマ猟師

 

出生地は北海道の小樽市で、札幌市の隣にあります。

「小樽運河」という有名な観光スポットがあり、現在では

観光の街の側面が強いですが、昔は北海道の経済の中心と

して栄えた歴史があります。

日本銀行の支店などもありました。

 

大学は北海道でも有名な大学の短期大学部。

学歴で言えば、猟師の道へ進むことは想像できません(笑)

 

猟師になったきっかけは父親の影響とのこと。

父親から猟銃を譲り受けたそうです。

 

もっとも、子供の頃から父親の猟について回っていたとの

ことで、ある日突然降ってわいた話ではないようです。

 

猟師になることを決断した久保俊治さんは、アメリカにある

狩猟ガイド養成校で学んだあと、北海道の中でも最大のヒグマ

生息地である知床半島の麓にある「北海道標津郡標津町」

で牧場を構えつつ、猟師として活動することになります。

 

 

 

 

娘さんについて

久保俊治さんには二人の娘さんがいます。

 

次女の渓子さんは父親の血を引き、鹿の猟師とのこと。

性別は違えども、ハッキリとした血が流れているのかと

思うとワクワクします。

 

長女の深雪(みゆき)さんはかつて、北海道放送(HBC)が

製作したドキュメンタリー番組「大草原の少女みゆきちゃん」

に出演していました。

 

家から学校までの間約10キロの山道を、一人で登下校する姿を

追ったものです。

 

特に冬は、雪で覆われた道なき道を一人で歩いていました。

この番組は筆者も見ていたので記憶が蘇ります。

 

 

スポンサーリンク


 

 

久保さんのヒグマ猟とは

ヒグマに限らず、陸上で獣の猟をする場合、通常は数名単位の

チームで行うことが多いです。

 

チームで行うことの理由の一つは「獣に襲われないため」と

言うことが挙げられます。

 

少々話が逸れますが、北海道では数年に一度、猟師が誤って

仲間を誤射してしまう事故があります。

仲間の動きを「獣」と勘違いして発砲してしまうのです。

 

久保さんは相手が獰猛なヒグマでも「一人」で猟をします。

「ヒグマと対等な関係」を維持したいとの思いですが、これは

大変危険なことです。

 

筆者は野生の中でヒグマに遭遇したことはありませんが、

猟師に捕らわれて檻に入ったヒグマを間近で見たことが

あります。

檻を破って襲われるのではと思うほど威嚇を受けました。

 

ヒグマと対峙した時、一発で仕留めなければ逆に襲われる

危険が伴います。

 

熟練の技でヒグマを仕留めるのでしょうが、ヒグマの獰猛さを

知っているので、なかなか出来ることではないと強く感じました。

 

 

 

 

最後に

「ヒグマを撃つのは可哀想」と思われるかもしれませんが、

我々も牛・豚・鶏を食べています。

家畜と野生の動物を同列に並べることは難しいですが、

北海道では野生の熊や鹿を食べます。

他の地域は分かりませんが、他でもあることでしょう。

 

共存するための一つの方法と捉えています。

久保俊治さんは御年70歳ですが、これからも元気で活躍

して欲しいですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。