日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髙橋洸は巨人を戦力外!トライアウトや一軍の成績や特徴を調査!

巨人に在籍していた『髙橋洸』さんが、2017年10月31日に

戦力外通告を受けました。

 

2017年12月30日に放映される

『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』

でも取り上げられます。

 

俊足・巧打・強肩と3拍子揃った野手として、期待が高い

ものがありました。

 

左打ちにしたり右打ちに戻したりと、試行錯誤を重ねながら

プロで活躍できる技術を体得しようとしていたようです。

 

高校2年生の夏に野手に転向。

野手のキャリアとしてはまだ日が浅く、球団としては大きな

伸びしろを感じて指名したと思います。

スポンサードリンク

そんな髙橋洸さんについて調べてみました。

 

 

戦力外の要因やトライアウトは?

名前:髙橋洸(たかはし こう)

生年月日:1993年4月30日

出身地:新潟県新津市

投打:右投げ右打ち

選手歴:日本文理高等学校

読売ジャイアンツ(2011年ドラフト5位)

 

プロは同等レベルの選手たちがしのぎを削りあい、

その中で光るものがある選手がチャンスをつかみ

1軍そしてレギュラーへと駆け上がっていきます。

 

つまり、他の選手から頭一つ抜け出すものがなければ

ダメと言うことですが、高橋洸さんはそれが欠けていたと

いうことになると思います。

 

プロ通算6年のキャリアですが、そのうち4年間を

育成契約で過ごしています。

 

球団としては、じっくり育てようという意図があったと

思いますが、2017年に戦力外となりました。

 

合同トライアウトにも参加しています。

結果は4打数1安打1盗塁。

唯一の出塁機会で盗塁を決めたのは、俊足と言う彼の持ち味を

出したと思いますが、NPBから声はかかりませんでした。

 

戦力外通告の関連記事

片山博視は楽天を戦力外!トライアウトや一軍の成績や特徴を調査!

實松一成は巨人を戦力外!トライアウトや一軍の成績や特徴を調査!

 

 

 

 

 

一軍での成績や選手としての特徴

2017年終了時点のプロ通算成績

1軍出場なし

上段でも書きましたが、プロ6年のキャリアのうち、

支配下登録2年、育成契約4年です。

 

ご存知の通り、育成契約は1軍の試合の出場は出来ません。

 

高校時代は投手と三塁手でしたが、プロに入ってからは外野手

として登録されていました。

50メートル5.8秒の俊足の持ち主。

その俊足を生かした、広い守備範囲のある外野手に育てたかった

のかも知れませんね。

 

2014年のシーズン前に左打ちに転向したものの、シーズンオフ

に右打ちへ戻しています。

支配下登録を勝ち取るための試行錯誤だったと言えるでしょう。

「俊足」「巧打」「強肩」の野手はプロの世界にはたくさんいます。

毎年のようにそう言った新人選手も入団してきます。

プロとして光るものを出せぬうちに、他の選手に埋もれていった

感は否めません。

 

 

スポンサーリンク


 

 

その後の進路

NPBのチームから声はかかっていません。

 

しかし本人のTwitterを見ると「野球を続ける」との投稿が

ありました。

 

独立リーグかアマチュアか違う形か…その中では判断が

つきませんでしたが

『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』

の番組内で明らかになると思います。

 

独身と言う事であれば、思い切った進路に舵を切ることも

できますが、生後8か月のお子さんがいます。

 

その状況でもまだ野球を続けられるのですから、どんな進路を

歩むのか非常に興味がありますね。

 

 

 

 

最後に

1軍出場が叶わずにNPBでのキャリアを終えてしまう

ことになりますが、プロ野球チームからドラフト指名を

受けるということは、「野球エリート」であることに間違い

ありません。

 

数字を残すことは出来ませんでしたが、その誇りを忘れる

ことなく今後も頑張って欲しいと思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。