日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西宮冷蔵の今は?社長の水谷洋一と子供は壮絶な生活だった!

大企業の不正を告発したことで一躍有名企業になり、

時の人となったのが「西宮冷蔵株式会社」「水谷洋一社長」です。

 

日本の食の安全を脅かす不正に対して、正義感を押し出した行動

でしたが、悲しいかな、不正に加担したとして、西宮冷蔵と

水谷社長は業務停止処分を受けてしまい取引先が離れていきます。

 

業務を縮小したのちに復活を遂げましたが、またも窮地に追い込まれる

ことに。

スポンサードリンク

その陰では子供も壮絶な人生を歩んでいました。

 

そんな西宮冷蔵と水谷社長についてまとめてみました。

 

 

何故西宮冷蔵は窮地に追い込まれたのか?

毎日安心安全な食材を口にする、当たり前のことですが、

2001年に食の安全を根底から揺るがす出来事がありました。

 

狂牛病の牛が発見されたのです。

この出来事に対し、国は速やかに対策を講じ、国産牛肉を

買い取る制度を作りました。

 

が、しかし、この制度を悪用する大手企業が現れたのです。

 

その中の1社が「雪印食品」

当時では大手食品メーカーとして名前は知れ渡っていました。

 

筆者は北海道の出身で、子供の頃からとても馴染みのある

会社だったので、とても驚いたことを覚えています。

しかもその前年には、親会社の「雪印乳業」が食中毒事件を

起こしていて、その時の対応の不誠実さは何度もメディアで

報道されていたのです。

 

にもかかわらず…また…と言うのが率直な感想。

 

悪用とはどういうことだったのかというと、牛肉買い取りに

対し国は助成金を支払ったのですが、「雪印食品」は輸入牛肉を

国産と偽って申告して、多額の助成金を手に入れたのです。

 

その額は億単位ともいわれています。

 

その牛肉偽装が、下請けとして倉庫を貸していた西宮冷蔵の

倉庫で行われており、見るに見かねて告発に至ったのです。

 

この告発後、西宮冷蔵も加担した企業として業務停止命令を

受けました。

 

そして、この一件が引き金となり取引先も離れてしまい、

事業継続は困難な状況に追い込まれたのです。

 

西宮冷蔵のHPへ飛びます

↓↓↓

 

 

復活するもまた窮地に追いつめられる

水谷社長の行動や心意気に共鳴した支援者たちから支援金を集め

2004年には事業を再開します。

 

とは言っても、事業はかなり縮小せざるを得なかったのが実情。

 

それでも西宮冷蔵は企業として息を吹き返したのです。

 

事業も軌道に乗ってきた2014年にまたも試練が訪れます。

 

主要取引先業者から、農薬に汚染された冷凍野菜の「密輸」に

加担するように求められます。

 

水谷社長は当然のことながらこの要求を「拒否」します。

これを引き受けてしまっては、「雪印食品」を告発した意味が

無くなるからです。

 

しかしながら、この「拒否」が要因となって売上は激減。

またも事業を止めざるを得なくなったのです。

 

立場の強い企業が自己の利益追求のために、違法行為に協力会社を

巻き込み、断ったら潰しにかかるという構図です。

 

それでも水谷社長は自らの信念を曲げることなく「巨悪」に

立ち向かったのです。

 

 

スポンサーリンク


 

 

お子さんも壮絶な経験をしていた

事業が縮小されるということは、それだけ収入も減ります。

水谷さん一家もそうなってしまっていました。

 

水谷さんには娘さんがいらっしゃいます。

「真麻」さんといい、現在はメディアで記事の執筆も手掛けて

います。

 

その真麻さんですが、中学校時代はバレーボールに打ち込み、

将来も有望視されていました。

当然高校もバレーボールの強い私立への夢を持っていたようですが、

収入減によりやむなく公立高校へ進学。

そこではバレーボールを続けることが出来ず、心が荒んでしまいます。

 

そして、高校2年生の時に飛び降り自殺を図ってしまうのです。

 

幸い一命は取り留めたものの、車いすでの生活を余儀なくされました。

 

とても痛ましい事故ではありますが、水谷社長は献身的に真麻さんの

お世話に励まれているようです。

 

生活が困窮したが故の家離散の危機でもあったと思いますが、

今では愛情に満ち溢れた親子関係となっていることが伺えます。

 

 

 

 

最後に

正義を貫いたことはとても立派ですし、なかなか出来ることでは

ありません。

ただ、その代償があまりにも大きすぎたのは事実です。

もうこのようなことはないと思います。

一家仲睦まじく暮らして欲しいと切に願います。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。