日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

的場文男(騎手)の成績は?年収や東京ダービーとの関係も調査!

競馬と言えばIRA(日本中央競馬会)、騎手と言えば武豊騎手を

思い浮かべる人も多いかと思いますが、地方競馬にとてつもない

大記録を打ち立てた騎手がいます。

 

「大井の帝王」「大井のレジェンド」とも評される的場文男騎手です。

 

還暦を過ぎても現役の第一線でバリバリ活躍する騎手です。

また、日本人騎手では誰も踏み入れたことのない勝利数記録も

持っています。

 

大記録を持っている的場文男騎手ですが、悲劇と呼ばれる「記録」も

持ち合わせています。

スポンサードリンク

そんな的場文男騎手について調べてみました。

 

的場文男騎手の偉大な成績

名前:的場文男(まとば ふみお)

生年月日:1956年9月7日

出身地:福岡県大川市

職業:東京都騎手会所属騎手

デビュー:1973年10月

 

競馬と言えばJRA(日本中央競馬会)が有名で、TVCMを

観た人も多くいると思います。

 

競馬はJRAだけじゃなく「地方競馬」と呼ばれるものも

存在します。

 

的場文男さんはその地方競馬で偉大な成績を残しています。

 

通算勝利数が歴代№1の7225勝(2019年6月19日現在)

中央・地方合わせても、7200勝を記録した人はいません。

 

また所属している大井競馬場では、21回のリーディングを

獲得したほか、全国の地方競馬リーディングも2回獲得。

 

このような偉大な成績の数々が「大井の帝王」と評される

所以と言えます。

 

60歳を超えた今でも第一線で活躍し、2019年3月7日には、

4騎乗機会4勝という、乗ったレースをすべて勝つという快挙

成し遂げました。

 

 

的場文男騎手の年収は?

2018年度の総獲得賞金(1着賞金)が約4億円でした。

 

騎手がもらえる金額はその5%なので、約2000万円が年収と

いうことになります。

 

地方競馬ということを考えると、年収の上位に入りますが、

JRAと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

 

そもそも1着賞金の額が違い、地方競馬は中央と比べ

20分の1から40分の1しか貰えません。

 

JRA騎手の平均年収は3000万円~4000万円と言われています。

 

地方でトップクラスの騎手でありながら、JRAの平均年収にも

及ばないのは、賞金体系の違いに尽きると言ってもよいでしょう。

 

スポンサーリンク


 

的場文男騎手と東京ダービーの関係

「ダービー」というレース名を聞いたことがあると思います。

 

JRAで言う「日本ダービー」はレースの中で一番大きいと言っても

言い過ぎではないでしょう。

 

地方競馬にも各開催地で「ダービー」があります。

的場文男騎手が所属する大井競馬にも「東京ダービー」が

あります。

 

数々の記録を打ち立てた的場文男騎手ですが、何故かこの

東京ダービーに買ったことがありません。

 

37回出場して2着10回が最高成績です。

「大井の七不思議」とも呼ばれています。

私も本当にそう思います。

2着が10回ではなく、10勝くらいしていても不思議では

ない実績があるので。

 

ダービーを勝った騎手は「ダービージョッキー」の称号が

与えられますが、的場文男騎手にその称号はありません。

 

 

最後に

衰え知らずの鉄人という表現もあっているかと思います。

2019年現在で62歳ですが、歴代勝利数は更新を続けています。

必ず引退の時は来ると思いますが、その時期はまだまだ先と

いう感じがします。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。