日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンキュードラッグの店舗営業時間は?商品やイベントが充実?

北九州市とその近郊を中心にチェーン店を展開するのが

「サンキュードラッグ」です。

 

名前の通りドラッグストアですが、品揃えに強みがあると言います。

しかも、ほとんどのドラッグストアに調剤薬局も併設されている

充実ぶりです。

 

買い物客をターゲットにするだけではなく、地域住民の健康な生活を

サポートしているとのこと。

 

日本各地にドラッグストアはたくさんありますが、他とは少々違う

感じですね。

スポンサードリンク

そんなサンキュードラッグについて調べてみました。

 

サンキュードラッグの店舗と営業時間

サンキュードラッグには2つの店舗形態があります。

「ドラッグストア」と「調剤薬局」です。

 

ドラッグストアは42店舗、調剤薬局は31店舗。

出店しているエリアは

「福岡県北九州市」「福岡県中間市」「福岡県行橋市」

「福岡県遠賀郡」「山口県下関市」

に集中しています。

 

北九州市を中心に地域密着スタイルを貫いているのが

サンキュードラッグです。

 

営業時間はというと、先にお断りしますが、各店舗によって

バラツキがあります。

しかし…ドラッグストアの営業時間にはある共通点があります。

それは「年中無休」であること。

42店舗中41店舗で「年中無休」で営業しています。

 

近年は働き方改革によって、元旦や正月の営業を取りやめる

店も出てきました。

しかしサンキュードラッグでは「年中無休」を実施。

地域事情やお客様の声を考えた結果の事だと思います。

 

調剤薬局は基本としては日曜日がお休みです。

土曜日も営業している薬局もありますが、多くの医療機関が

土日が休みのためそれに合わせたものと言えます。

 

サンキュードラッグの企業情報ページへ飛びます

↓↓↓

 

サンキュードラッグは商品が豊富

多くのドラッグストアは品揃えが豊富ですよね。

コンビニにも勝るとも劣らないほどのラインナップを誇る店も

珍しくありません。

 

サンキュードラッグもそれは同じ。

ただ、サンキュードラッグの品ぞろえはコンビニ+ホームセンター

と言ってもよいでしょう。

 

これにはちゃんとした理由があります。

サンキュードラッグの経営戦略として、1㎞ごとに店舗を出店する

のですが、それは高齢者の方の行動範囲が半径400mと国の統計で

分かっていることによります。

 

つまり、1㎞ごとに出店すると、身近な場所にサンキュードラッグ

の店舗があるということになります。

そして、サンキュードラッグで何でも揃うことをうたい文句として

いるためです。

 

ちなみに、調剤薬局を併設したドラッグストアは珍しくありませんが、

日本で最初にそれをオープンしたのはサンキュードラッグです。

 

スポンサーリンク


 

サンキュードラッグはイベントも盛りだくさん

サンキュードラッグは健康に関するイベントも多く開催して

います。

 

中でも特に好評なのが「育児相談会」と「スマイル体操教室」

 

育児相談会はサンキュードラッグの栄養士や乳業メーカーの

方などが講師となって定期的に開催し、妊娠している方のサポートを

行います。

相談会への参加は無料で実施されています。

 

「スマイル体操教室」は筋トレ、ストレッチ、ヨガなど、専門の

指導員のレクチャーを受けることができます。

 

「運動」と「栄養学」をミックスさせた、サンキュードラッグ

オリジナルの内容です。

 

1回に付き800円と、価格もリーズナブルに設定されていて、

多くの参加者を集めています。

 

ちなみにこのイベントは、全てサンキュードラッグの店舗で

開催されています。

イベントスペースを持った店舗を構えているのも、サンキュードラッグの

強みと言えるでしょう。

 

サンキュードラッグの店舗検索画面へ飛びます。

↓↓↓

 

最後に

地域に根差したという言葉はよく聞きますが、サンキュードラッグ

ほどの取り組みをしているドラッグストアは聞いたことがありません。

地域に愛されなくてはならない存在にとなっているのがよく分かります。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。