日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉内俊哉が大減俸で契約更改!?今季は何があった!?

読売ジャイアンツの杉内俊哉選手が、

何と4億5千万円ダウンの年俸5000万円+出来高で

契約を更改しました。

以前から股関節に痛みを抱えていることは

知っていましたが、手術を決断したとのことで、

自ら減俸を願い出たとのことです。

「投げれば負けない」とまで言われた

杉内選手ですが怪我には勝てなかったようです。

スポンサードリンク

今期とこれまでを振り返ってみます。

 

2015年は7月に戦線離脱してしまった!

2012年にソフトバンクから移籍して来ました。

4年契約の最終年度の今期は6勝6敗の防御率3.95でした。

数字を見る限りでは4億5千万円もダウンするようには

見えませんよね。

戦線離脱したとは言え、7月まではローテーションを

守っていたわけですから。

この減俸は杉内選手自ら申し出たものです。

以前から股関節に痛みを抱えていましたが、勤続による

悪化が原因で7月に離脱してしまったのだと思います。

手術なしには再起できないと考えたのでしょう。

リハビリの回復度合いにもよりますが、来シーズンも

戦線離脱は避けられなく、自分から願い出て再起を

図りたいと言うことになったのだと思います。

 

正直・・・リスクの高い股関節手術

プロ野球選手の中でも股関節の手術を受けて再起した

選手はいます。

有名な選手で言えばヤクルトスワローズの館山選手

もそうでした。

ただ館山選手の場合は股関節と肘の両方を手術していた

ので復帰まで2年かかっています。

杉内選手も2016年は35歳になります。

年齢的な回復度合いもありますが、長年痛みに

耐えて来たこともあり、症状は重いものと思います。

杉内投手のピッチングフォームの特徴としては

「球持ちが長い」が一番でしょう。

それは下半身の粘りがあってこそ実現できる

ものですが、この手術でどこまで回復させる

ことが出来るのか、不透明な部分は残りますよね。

 

images

 

これまでの成績を振り返ってみますね

2015年現在で通算成績は142勝77敗、防御率2.95です。

実働14年で2桁勝利の年は9回を数えます。

最多勝・最優秀防御率1回、最多奪三振3回のタイトルを

手にしています。TVを通してみる活躍から、もう少し

タイトルを獲得していると感じていました。

タイトルには数えられていませんが、リーグ最高勝率

投手は3回を記録しています。

私のイメージでは「負けない投手」の感が強いです。

何と言っても負け数が少ないことが挙げられますね。

規定投球回数に達しなかったシーズンを除き

勝率7割以上が4回、6割まで含めると7回あります。

ベンチとしても計算が経つ投手の筆頭だったと思います。

 

手術は既に終わりリハビリ中ですが、2016年の

開幕は厳しい状況のようです。

長年球界を代表する左腕として君臨してきた

存在感はまだ消えていません。

年齢的なこともあるので、以前のような活躍を

望むのは酷ですが、また素晴らしい投球が見たいですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。