日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田圭介の本音がウケる!?芥川賞作家のキャラに迫る!

2015年の153回芥川賞を『スクラップ・アンド・ビルド』

で受賞した羽田圭介

今回の芥川賞では又吉直樹が受賞したこともあって

陰に隠れてしまった印象があります。

最近はバラエティー番組でよく見かけます。

番組での「本音トーク」が評判を読んでいる

ようです。

スポンサードリンク

高校生の頃から執筆活動をしていた彼に迫ります。

 

芥川賞受賞時は「又吉じゃない方」の扱い

本名:羽田 圭介

生年月日 :1985年10月19日

出身地:東京都生まれ

出身大学:明治大学

以前番組で見ていた時は「作家」として情報番組が

メインでした。

いつの間にかバラエティー番組での出演が多くなり

ましたよね。

その要因としては「本音トーク」だということです。

ある意味、空気を読まずに思ったことを口にするのは

バッシングの対象になりかねませんが、彼の場合は、

ただの内容や前後の会話で作家としての知性を

感じさせることもあり、「濃いキャラ」として

存在感を示すことが出来たのではないでしょうか。

 

ただ面白いだけじゃない裏付けがある

高校時代から本をたくさん読んできたとのこと。

高校在学中に「文藝賞」を受賞するほど若い頃から

文才に優れていました。

バラエティー番組での「毒舌」とも言えるトークを

聞くことが多いですが、作家と言う職業だけでなく、

憎ませない知性と話しぶりがそうさせているのだと

思います。

「サイン本は書店が返品できない」

「全部金のためにやっている」

と言った自分自身の欲望を隠さず、

密着取材を受けた後の感想として

「4~5日張りついて10数分で終わりかよ」

発言内容を変えられた記者に対して

「読解力ねえな」

などなど、本音満載トークが注目を

浴びています。

しかしそれを非難する声が聞かれませんね。

images

 

高校時代は執筆もしていたが体育会系だった

高校時代は毎日自転車で40キロメートル走っていた

のだそうです。

自転車で実業団入りすることが目標だったらしく、

北海道まで自転車で走破もした経験があります。

本を読んでいたのは長い通学時間中で、その時に相当な

数の小説を読んでいたとのこと。

その蓄積が高校時代の受賞につながったり、

後の芥川賞受賞につながるのですから、

才能のなせる技なのかもしれませんね。

ちなみに又吉直樹に対しては

「便乗出来てありがたい」

「同時受賞じゃなければ軽く報道されて終わり」

など感謝の言葉を述べています。

 

「本音」「毒舌」の表現がピッタリで、今はバラエティー

番組では欠かせない存在ともいえるでしょう。

彼はキャラを作っているわけではなく、素をそのまま

出しているに過ぎないと思いますが、今まであまり

なかった「知性」のある「濃いキャラ」が受け入れ

られているのだと思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。