日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山本和作はオリックスを戦力外!巨人でプレーした経験もあり!

読売ジャイアンツとオリックスで主に内野手

としてプレーした山本和作

ジャイアンツでは育成入団3年目にイースタン

リーグのレギュラーに定着して、支配下登録を

勝ち取ったものの一、軍出場は叶いません

でした。

オリックス移籍後は、遊撃を中心に内野の

ユーティリティープレーヤとして存在感を

発揮しましたが、2015年で戦力外通告。

スポンサードリンク

そんな彼の戦績を追ってみました。

 

プロ入りは育成ドラフト3位

名前:山本和作

生年月日:1986年9月21日

出身地:兵庫県

出身校:尼崎工業高校‐大阪経済大学

プロ入り:2008年・巨人育成ドラフト3位

プロ通算成績:179打数37安打、打率.207、115試合出場

 

大阪経済大学へ入学直後のリーグ戦では、

リーグ史上初の1年生で首位打者とベストナインを

獲得する鮮烈なデビューを果たしました。

4年生になってリーグ戦通算100安打を達成し、

リーグから特別表彰を受けています。

リーグ戦のレベルという問題もあるでしょうが、

数字だけ見ると、ドラフト指名を受けて

入団してもおかしくない成績でしたが、

プロ入りは育成ドラフト3位という評価でした。

futta1294-1280x800

 

巨人では支配下登録されるまで2年を要した

育成から入団して3年目の2011年に、開幕から

イースタンリーグでレギュラーを獲得して、

5月に支配下登録を勝ち取りました。

1軍出場はならなかったものの、シーズン終盤

までレギュラーを守り続けました。

しかし10月に膝に怪我を負い、11月から再び

育成契約へと戻されます。

翌年に再び支配下契約を勝ち取るも2012年オフに

オリックスへトレードされました。

巨人では1軍の選手層が厚かったこともありますが、

特筆すべき部分が、巨人と言うチームでは

なかったのかと言う印象です。

守備力・長打力など光るところがあれば1軍も

あったでしょうが、巨大戦力を有するチームでは

彼のカラーが出なかったように感じました。

 

スポンサーリンク


 

オリックス移籍後は1軍定着したが

オリックスへ移籍した2013年は開幕1軍を勝ち取ると、

1か月後には初スタメンも記録します。

この年が1軍デビューでしたが、遊撃手で50試合出場して

日本ハムへ移籍した大引啓次の穴を埋めました。

またシーズン通して1軍に帯同して4本塁打も記録して

います。

最終的には96試合に出場して、1軍定着への足掛かりを

つかんだ年になったかと思いましたが、翌年から

出場試合数が激減していきます。

遊撃には安達了一が定着したこと、1塁手ではT-岡田や

外国人の起用が続いたこともありますが、

自身の打撃不振が一番大きかったのではないでしょうか。

2013年も打率は決して良い数字ではなかっただけに、

特徴らしき特徴が出せず居場所を失って

しまった感がありますね。

 

2015年のオリックスに関する記事はこちら

 

チーム成績は振るいませんでしたが、若手の内野手が

台頭してきたことも、さらに居場所をなくす要因に

なった気がします。

futta1642

 

12月18日の報道で現役引退を決意したと出て

いました。

実質的に2013年の1年が彼にとって最も輝いた

であったと思います。

具体的な進路は明らかになっていませんが、

大卒3年目で育成から這い上がった苦労人です。

後進の育成に力を注ぐことも有りかなと

思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。