日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢地健人は千葉ロッテを戦力外!育成から這い上がった苦労人!

中日ドラゴンズと千葉ロッテマリーンズで中継ぎ

投手として活躍してきた谷地健人

育成ドラフト入団ながら、開幕直後に支配下登録

されるなど期待の大きい選手でもありました。

1軍で活躍できる足掛かりをつかんだ年も

ありましたが、定着するには至りませんでした。

スポンサードリンク

2度の戦力外通告を受けた彼の戦績を追ってみたいと

思います。

 

育成で入団も1年目から支配下登録される

名前:矢地健人

生年月日:1988年1月15日

出身地:富山県

出身校:高岡第一高校‐高岡法科大学

プロ入り:2009年・中日育成ドラフト1位

プロ通算成績:0勝0敗、防御率3.93、登板数27試合

学生時代の特筆すべき実績としては、大学4年生の

北陸大学野球春季リーグで防御率0.69の成績を残し、

チーム10年ぶりの優勝に貢献しました。

この時の活躍があったこともあり、中日ドラゴンズから

育成ドラフト1位指名を受けました。

サイドスローから繰り出す150キロを超えるストレートは

魅力的に映ったものだと思います。

futta1294-1280x800

 

中日ドラゴンズでは中継ぎの一角を掴みかけた

ルーキーイヤーに1軍へ昇格したものの、プロ初登板

試合で危険球退場し、その年は1試合のみの登板と

なりました。

2013年には当時自己最多の9試合に登板して、

一軍定着が見えてきたのですが、翌2014年は登板数ゼロで

戦力外通告

中日ドラゴンズのチーム自体は成績が振るわなかった

ものの、中継ぎ投手陣の層は厚いものがありました。

彼の成績の特徴としては、イニング数とほぼ同じ数の

走者を出すことが挙げられます。

2013年に限って言えば、投球回数が11回3分の2に対し、

奪三振が9個あるものの、被安打が9本

(ウチ2本が本塁打)、

与四死球が2個、安定感と言う面で評価しにくかった

ところがあると思いますね。

 

スポンサーリンク


 

千葉ロッテではキャリアハイの10試合登板も戦力外

2014年に中日を戦力外となって、すぐに声をかけたのが

千葉ロッテマリーンズでした。

5月に初登板を果たして以降、10試合に登板しましたが、

2年続けて戦力外通告です。

2013年同様に、三振も取るけど投球イニング以上の

走者を出してしまう成績でした。

中継ぎ投手で苦しむことが多かったチームだっただけに

十分チャンスはありましたが、伸びしろがないという

判断が下ったのだと思います。

 

確固たるウイニングショットもなかったように

感じました。

サイドスローから繰り出すストレートと、織り交ぜる

変化球の投球術によって打ち取るスタイル

だったのかと思います。

もしかすると、まっすぐに拘りすぎた部分があるのかも

知れませんね。

futta1642

 

この原稿を書いている時点で、彼の去就について決定

報道はありません。

ただ、これまでの成績を見るとNPB復帰は難しいと

感じるのが本音です。

戦力外からの契約は即戦力補充の側面が強いですが、

そう言う成績ではなかったので。

12月30日の「プロ野球戦力外通告」で取り上げられれば

何かわかるかも知れません。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。