日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中後悠平は千葉ロッテを戦力外!大学時代は日本代表も経験!

千葉ロッテマリーンズで、主に中継ぎ投手として活躍した

中後悠平さん

 

ルーキーイヤーから27試合に登板も、以後は登板数は

減って行きます。

 

2015年4月に結婚し、まさにこれからという時の戦力外

通告でした。

 

大学時代には日本代表も経験し、ドラフト2位で入団もわずか

4年での非常通告

スポンサードリンク

プロ入り後は怪我と制球難に苦しみました。

そんな彼の戦績を追ってみたいと思います。

 

 

 

大学時代は斎藤佑樹・菅野智之とともに日本代表

名前:中後悠平(なかうしろ ゆうへい)

生年月日:1989年9月17日

出身地:大阪府

出身校:近畿大学付属新宮高校‐近畿大学

 

プロ入り:2011年・千葉ロッテドラフト2位

プロ通算成績:2勝2敗、防御率5.68、登板数37試合

 

近畿大学時代は関西学生リーグでMVP、ベストナインを

獲得し、幾度となく大学日本代表にも選出されました。

 

同じ日本代表には、菅野智之や斎藤祐樹と言った選手がいました。

 

左のサイドスローやスリークォーター気味から、キレの良いボールを

繰り出し、学生時代は三振を多く奪う投手でもありました。

 

futta1294-1280x800

 

ドラフト2位でプロ入り

2011年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズへ入団

(1位は藤岡貴裕)

 

即戦力の期待さながらに開幕一軍を勝ち取ると、開幕試合で

プロ初登板を果たします。

 

初登板から3週間後にはプロ初勝利を記録。

 

プロ1年目は27試合登板で2勝2敗5HPを記録しました。

 

即戦力としてはまずまずの成績だったと言えますが、

ルーキーイヤーから制球に苦しむ場面もみられました。

 

ストレートはほとんど投げず、キレのいいスライダーを

コーナーに投げ分ける投手で、彼の生命線とも言える球種

でした。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

結局は制球難に苦しんだ

2013年以降は満足した成績を残せませんでした。

 

2013年に負った怪我の影響があるかとは思いますが、

最終的には制球難を克服できず、1人1殺を要求される

変則左腕にとって、起用しにくい面があったと思います。

 

変則フォームと言われた彼でしたが、プロからすると

変則ではなかったかも知れませんね。

 

最速150キロを記録するストレートと、スライダーを始めと

した多彩な変化球が持ち味でしたが、通用したのはスライダー

だけだったかな?と言う印象もありますね。

 

2013年と2014年はともに5試合の登板に終わり、ルーキーイヤーに

取れていた三振もほとんど取れなくなってしまいました。

 

2015年シーズンは1軍登板がなく戦力外通告となりました。

 

futta1642

 

 

最後に

この記事を書いている時点では、BCリーグの武蔵ヒート

ベアーズへ入団が決まりました。

(その後、マイナーリーグへのチャレンジも決まります)

間もなく第1子が誕生する段階で厳しい決断だったと

思いますが、きっとNBP復帰をにらんでのことと思います。

 

変則左腕の需要は大きいです。

制球力を磨き復帰を目指してもらいたいですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。