日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石原仁司は3年連続三ツ星獲得した料理人!どんな経歴なの!?

ミシュランの三つ星を3年連続で獲得し、

日本料理の料理人としてトップと言っても

過言ではない石原仁司さん。

15歳で日本料理の最高峰とも言える

大阪高麗橋吉兆本店」に入店。

吉兆では歴代で最年少となる料理長にも就任。

現在は京都で未在(みざい)」と言う

日本料理屋を経営しています。

スポンサードリンク

そんな彼について調べてみました。

 

吉兆グループでは異例の速さで出世

名前:石原 仁司(いしはら ひとし)

生年月日:1952年12月15日

出身地:島根県仁多郡

私…上の文章で「入店」と書きましたが

「弟子入り」の表現が合うのかも知れませんね。

彼は料理人として「修行の身」であると話して

います。

15歳で弟子入り直後から、吉兆グループの創始者で

あり、日本料理の父とも評される「湯木貞一」さんから

料理の手ほどきを受けました。

その後頭角を現して、京都吉兆本店に異動したあと、

27歳で歴代料理長としては史上最年少の若さで就任して

います。

彼自身の腕やセンスはもちろん、メンタル面のコント

ロールもしっかりと出来ていたからこその快挙

あると言えると思います。

40歳で総料理長を歴任した後、46歳まで吉兆で腕を

振っていました。

 

aafe903f1cc0bca27bfb9e552203ad36_s

 

京都にある「未在」は三ツ星を3年連続で獲得

吉兆退職後は、長崎県にある旅館「雲仙」の旅亭

「半水盧」の料理長に就任して腕を振い、吉兆で培った

技術を存分に発揮していました。

その後52歳で京都の円山公園近くに「未在」をオープン

させました。

この「未在」の意味ですが、禅では「限りがない」と言う

意味なのだそうです。

料理の道を修行と例え、「修行にはこれで良いということ

はない」ということを表現しているのでしょう。

禅の教えを汲んでいるのは、弟子入りと同時に、

京都龍安寺大珠院の住職だった盛永宗興老師に

師事したことが大きいのでしょう。

ミシュラン三つ星を6回も獲得するほどのお店だけ

あって、予約をしても半年待ちの状態なのだとか。

 

ミシュラン一つ星を獲得した「蔦」はこちら

 

当然と言えば当然ですよね。

 

スポンサーリンク


 

「未在」を1代で築き上げ、日本を代表する名店に

「未在」では茶の道(茶懐石)で伝統的に受け継がれて

いる作法を重んじているようですね。

お客様は一斉に食事をスタートするのだとか。

日本には1代で会社や店を築き上げた人は多数いますが、

全世界にまで認められたという人は一握りでは

ないかと思います。

「一生修行の身」と言う想いで毎日腕を振っているのかと

想像しますが、「未在」の料理に対し賛辞を惜しまない

声が多数あることも事実です。

仮に修行では無くなり本当のものが出来たとしたら、

そのクオリティーはどれほどのものになるのかと

思ってしまいますね。

 

28e4621b56271d02085b12da20678621_s

 

まとめ

筆者は彼のことを調べて行くうちに、

「心・技・体の充実が成功を引き寄せた」

と感じました。

これは一般の人たちにも通じるヒントとなると

思います。

筆者も普段の仕事で、どこまで意識できるか

微妙なところではありますが、少し背筋が伸びる

思いもしましたね。

石原仁司さんと未在にはこれからも注目して

行きたいと思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。