日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山高篤行は小児外科医!出身大学はどこ!?どんな経歴!?

全国の小児科医がさじを投げてしまった

子供たちの最後の砦として、難病小児患者の

命を救うべく精力的な活動をしている

山高篤行さん。

小児外科医として、日本はおろか世界にも

その名は知られています。

2015年3月に

NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」

で取り上げられたことをきっかけに、

彼の名は一層知名度の高いものとなりました。

スポンサードリンク

そんな彼について調べてみました。

 

順天堂大学で恩師に出会う

名前 山高篤行(やまたか あつゆき)

*正確には「髙(はしごだか)」

生年月日 1959年

出身地 神奈川県

学歴 順天堂大学医学部

お父様が外科医をやっていたこともあって、

ある意味自然と外科医を目指したとのこと

です。

ただ、目指した当初は、漠然と外科医に

なることだけを考えていて、これといった

志はなかったと言います。

在学中はラブビー部に所属して競技に

打ちこんでいたそうですが、その時の

ラグビー部総監督だった宮野武名誉教授から

「ラグビーも手術も追求する姿勢に妥協はない」

という言葉をかけられると同時に、人として

医師としても様々な学びを頂いたこともあって

小児外科医を目指したそうです。

ただ手術の腕がよいだけではダメですよね。

やはりどんな職業も人間性は大事です。

特に医師は命と向い合せになることが多い

ですから、患者やその家族にとって見るべき

最初のポイントは人間性になりますよね。

そう言う点でもよい恩師に巡り合ったのだと

思います。

 

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

 

留学経験もあるがほぼ順天堂大学に勤務

詳しい経歴についてはこちらを参照下さい

山高篤行さんの詳しい経歴はこちら

キャリアのほとんどを順天堂大学で

過ごしていますね。

順天堂大学においては、

小児外科・小児泌尿生殖器外科の主任教授

と言う立場。

ちなみにこの外科は治療技術や知識などに

おいて、世界でもトップクラスだと言われて

いるようです。

そのため山高さんが行う手術は、年間に

1100

と言われています。

単純計算で1日3例~4例をこなすことに

なります。

医療には全く素人の私でも、この数字は

とてつもなく多いものだと感じます。

難易度の高い手術を多くこなすことも

多いでしょうから、仕事とはいえ

相当な精神力をお持ちなのだと思いますね。

 

スポンサーリンク


 

現在は3つの大学に籍を置いている

今は順天堂大学の他に、

信州大学医学部

東京医科大学

と3つの大学に籍を置いて仕事をして

います。

そもそも…こう言う勤務体系が可能なのかと

思います。

複数に所属することはよくあることだと

しても、それぞれの大学は名だたる大学

です。むろんアルバイト的な感覚で在籍

しているはずもなく、どこに行っても

それ相応の立場でしょう。

年間に1100例の手術をこなし、3大学で

小児外科医として活動。

シビアな日々で激務が想像されますが、

TVでみる彼にはそう言ったことを微塵も

感じさせません。

最後の砦と言われる所以は、そんなところ

にもあるような気がしますね。

 

f23d0e66cb5526ad2a5daeaa0d8f502d_s

 

まとめ

近年は医療やかかわる研究の分野において

日本人の名前が世界をとどろいています

よね。

彼もそんな一人だと思います。

彼に命をつなぎ止めてもらった患者は

数え切れないほどいることでしょう。

日本どころか世界が必要としている彼には

ますます活躍してもらいたいですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。