日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俵静夫はトド猟師!情熱大陸に登場するよ!トドは食べるの!?

「トドの猟師」と言う職業があるのを

ご存知でしょうか。

3000年以上前からある職業と言われて

います。

その代表格ともいえるのが俵静夫さんです。

トドと聞いて皆さんが思い浮かぶのは、

動物園や水族館などで愛嬌をふりまいている

動物ではないでしょうか。

しかし北の海では「厄介者」扱いなのです。

なぜこの猟が必要なのかを含め、

スポンサードリンク

彼について調べてみました。

 

トド猟ってどうやるの?

名前:俵 静夫(たわら しずお)

生年月日:1935年

俵静夫さんは御年80歳になります。

猟師としては高齢の部類に入ります。

まぁ…定年がないと言う職業でもあり

ますが、80歳でも現役と言うのは

凄い事ですね。

筆者の父親の実家は酪農家でした。

一家総出で酪農業に従事していましたが、

祖父も体力が落ちた中でも出来る仕事を

していたことを覚えています。

トド猟にはいくつかの種類があるそう

ですが、俵さんが用いる手法は

「水撃ち」

と言われ、水の中を泳いでいるトドに

狙いを定め、猟銃で仕留めると言う方法

です。

このやり方は難易度が高いそうですが、

この道50年をこの手法でやり続けてきた

とのこと。

後継者問題などがある中ですが、一つの

事を極めると言う事は改めてすごい事ですよね。

 

c03e05944ff8bded1797f15882c3b2eb_s

 

トドは漁業被害の主役

トドの平均的な大きさは体長が3メートル、

重さ1トン(オス)と言われています。

近年は日本海やオホーツク海で数が増え

すぎてしまって、漁業被害が深刻となって

います。

漁業の対象となる魚を食い荒らすことは

もちろん、猟師さんが使う網などを破壊したり

してしまい、被害額は年間で17億円と

言われています。

どうしてここまで被害が拡大したかと言うと、

「レッドリスト」と言う絶滅の恐れがある

野生動物のリストに載ってしまい、保護の

対象となったからです。

そのせいで日本近海には5000頭とも6000頭

とも言われるトドが来遊しているのです。

あの巨体を維持するためには・・・相当な食欲が

想像できますよね。

水産資源の減少をもたらしている張本人(?)

とも言われているのです。

 

スポンサーリンク


 

 

トドって食べられる?

筆者の故郷は北海道の東側になります。

オホーツク海が比較的近いのですが、

町によってはトド肉が売っているところが

あります。

そして…筆者も食べたことがあります。

ハッキリいいますが…不味いです(笑)

肉自体に筋がたくさんありとても硬いです。

そして何とも表現しようのない「臭み」が

結構きついです。

しばらくその「臭み」が口から離れなかった

ことを記憶しています。

わざわざこの肉を食べなくても…と思いますが、

その昔では肉はなかなか手に入らないため貴重な

タンパク源だったと言われていて、その名残が

あり今でも商品化されているのだとか。

近年は製法も変わってきているので、もしかすると

味が変わっているかもしれません。

でも…口にしたいとは思いません。

ある意味…トラウマです(笑)

 

 

まとめ

この道50年以上のキャリアであり、数少ない

「トド猟師」でもあるため、大学や北海道の

研究機関などにも協力を惜しまないそうです。

北の海を知り尽くしているだけに、放っておく

はずもなく、80歳とは言え忙しい日々を送って

いるものと思います。

貴重であり重要な仕事です。

健康に気を付けてこれからも頑張って欲しい

ですね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。