日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平松季哲はたこ満の社長!経営理念が凄い!苦労話も紹介!?

静岡県西部を中心にお菓子を取り扱った店を

展開する「株式会社たこ満

の代表取締役社長の平松李哲さん。

静岡県にある地方企業ながら、平松さんの

経営理念が注目を集め、TVのドキュメンタリー

番組にも取り上げられる会社です。

この「たこ満」の一番の特徴は、従業員満足度が

非常に高いと言うこと。

スポンサードリンク

過去の苦労話も交え、会社と平松さんについて

調べてみました。

 

経営理念を愚直に守る

経営理念は

ひとりのお客様の満足とひとりの社員の幸せ

です。

お客さまにお菓子を提供している以上、

そのお菓子を食べて満足を得てもらうことは

その通りですが、社員の幸せを掲げることは

なかなか出来ないことではないでしょうか。

筆者もサラリーマンをやっていますが、勤務

している会社では「売上」「利益」と言った言葉が

経営理念に並びます。

あ、ブラック企業ではありませんが(笑)

その昔CSR(顧客満足度)という言葉が飛び交って

いた時期があります。

ですがその裏側ではES(従業員満足度)なしに

CSRは難しいとも言われていました。

人・企業によって考えに違いはあると思いますが、

平松さんは社業の発展と同じくらいに、社員の幸せを

考え実行していると言うことになります。

 

3f33fe22cab1dba219f648122e668b40_s

 

 

苦難の時代もあった

もちろん順風満帆に来たわけではありません。

20代後半の頃に経営規模を拡大した時に、従業員が

次々と止めて言った時もあったそうです。

理由は事業が拡大したせいで、細部まで目が行き

届かなくなり、社員の不満が渦巻いて爆発して

しまったそうです。

筆者の今の会社は入社時から社員も倍に増えました。

会社が大きくなっていく過程で不満がたくさん

ありました。

社員に対して大味な対応や身の丈に合っていない

規則を導入されて、社員の士気は明らかに下がり

ました。

何とか立て直し今に至っていますが、平松さんの

場合はは気がついて即行動に移し、すぐに結果に

反映させたのだと思います

社員から愛される会社、社員を愛する会社、

いいですよね。

 

スポンサーリンク


 

規模の大きい会社にはできないこと

平松さんは毎日朝5時半に出社するそうです。

それでやっていることは、各部署から上がってくる

日報に目を通し7時半までに、すべて返信を

するとのこと。

一見…社長にすべての仕事を見られていると

萎縮してしまいがちですが、こちらの会社は

そうではないのですね。

「自分たちの声が届いている」と言う社風なのだと

思います。

支店が数百規模の会社ではとてもできないこと

です。

身の丈に逢ったことを経営者がきっちりと実行し、

社員がそれに応えてくれると言う典型だと思い

ますね。

 

 

まとめ

決して零細企業ではありません。社員の数は

380名ほどおります。

平松さんは全ての顔と名前を憶えているのだとか。

もう…頭が下がると言う言葉しかないですね。

どこまでも社員を大切にすると言う気概が

伝わってきます。

県外進出の考えはないようです。

引き続き静岡県の優良企業として名を馳せて欲しいと

思います。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。