日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水上力は和菓子職人!世界中のパティシエも注目!?著書も話題!

世界のパティシエが注目する和菓子職人

ご存じでしょうか?

その人の名前は水上力さんといいます。

彼が作る和菓子は繊細かつ圧倒的な表現力で

人々を魅了すると言われています。

後継者不足が囁かれて久しい和菓子の世界に

おいて、圧倒的な存在感を示しています。

和菓子の魅力を世界にまで発信する水上力さん。

スポンサードリンク

そんな彼について調べてみました。

 

和菓子職人の子に生まれた生粋の和菓子血統

名前:水上力(みずかみ ちから)

生年月日:1948年

出身地:東京

和菓子職人の父の4男として誕生しました。

何と・・・上の3人のお兄さんも全員和菓子職人

なのだとか。

生粋の血統と言ってもよいですね。

こう言った事情もあって、実家を継ぐのではなく

自分の店を持つに至ったようです。

東京都の小石川に「一幸庵」と言うお店を構え、

連日女性客が列を作っているのだとか。

和菓子の味は素晴らしいことだと思いますが、

女性客を惹きつけると言うことは「目」でも楽しめる

お菓子なのでしょう。

決して交通アクセスがよいとは言えない場所ながら、

店はお客様で賑わっているそうです。

 

3f33fe22cab1dba219f648122e668b40_s

 

 

世界中のパティシエが注目する理由

記事の最初で「圧倒的な表現力」と書きましたが、

まさにそこではないでしょうか。

和菓子・洋菓子問わず、出来栄えの良いお菓子は

「芸術品」と感じる時があります。

芸術の何たるかを全く分かっていない筆者には

遠い世界ですが、世界中のパティシエは彼の

「表現力」に魅了されているのではないでしょうか。

目で見た瞬間に「美味しい」と感じさせることが

お菓子にとってはとても重要なのだと思います。

彼が作る和菓子は形や色合い、芸術品の佇まいと

言った部分で特に秀でているのでしょう。

和・洋の垣根を越えた何かが存在しているのだと

思います。

 

スポンサーリンク


 

著書「IKKOAN」が評判

和菓子職人として歩んできたことを世に知らせる

一冊として評判なのが「IKKOAN」と言う著書

「七十二候」と言う古代中国で考案された季節を

表す暦があるのですが、彼はその72の季節を表現

したお菓子を作り一冊の本にまとめています

72に季節や情景をモチーフにして和菓子を作り、

日本の文化として世界に発信しています。

単純計算で5日に一つの和菓子があるわけです。

しかもその72個すべてが芸術品と呼ばれる出来

栄えです。

そんなに簡単なことではないでしょう。

しかもこの「IKKOAN」は日本語・英語・

フランス語の3ヶ国語で作られています。

 

 

まとめ

日本文化としての和菓子を世界に発信する

水上力さん。

年々職人の数が減っていると言われています。

和菓子職人が出来ることはまだまだある

と語るように、彼のその意欲は衰えることは

ありません。

2月14日の情熱大陸で取り上げられますが、

彼の情熱の源を知ることが出来ることでしょう。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。