日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石井誠(ル・ミュゼ)は札幌在住のシェフ!経歴や年収は?

皆さんは料理を食べる時、一番重要視することは

何でしょうか?

 味、見た目、素材…

人によってそれぞれあると思いますが、そんな要素を

全て満たしてしまうシェフがいます。

 

その名前は『石井誠』さん。

 

2012年にミシュラン北海道で一つ星を獲得

脚光を浴びました。

 

札幌在住の彼は、料理で北海道の大地を表現することに

こだわっています。

スポンサードリンク

そんな彼について調べてみました。

 

 

出身やシェフデビューも札幌

名前:石井誠(いしい まこと)

生年月日:1973年9月14日

出身地:北海道札幌市

職業:フレンチレストランシェフ・オーナー

 

出身中学・高校の情報は見つかりませんでした。

 

ですが、19歳の時に札幌プリンスホテルに入社

しています。

 

その後22歳の時に渡欧してフランス・イタリア・

スペインで料理の勉強をしています。

 

24歳で日本に戻ったのですが、2年間とは言え

料理の本場へ単身で乗り込むと言うのは志が高いと

言うことでしょうか。

 

その道を極めたいと思っても、行動に移すことは

そう簡単じゃないですよね。

 

22歳の時から確固たる信念も持ち合わせていたのだと

思いますね。

 

62d46d51f0d5c4fc2cbedebda60bbb75_s

(注:写真の料理と彼は無関係です)

 

31歳で独立して「ル・ミュゼ」をオープン

24歳で帰国後はシェフとして活動し、ワイン専門商社

としても有名なエノテカ札幌でシェフを経験した後、

31歳で独立し「ル・ミュゼ」をオープンさせました。

 

2年間の渡欧以外、彼の活動拠点は札幌です。

生まれ育った街の札幌を愛してやまないのでしょうね。

 

彼の料理の最大の特徴は「料理で北海道の大地を表現する」

ということ。

北海道産の良質な素材を多く使い、磨かれた腕で見事な

料理に仕上げます。

 

素材の良さを最大限引き出しつつ、料理として大事な味も

手抜きをしない。

 

2012年にはミシュランで星を獲得して世界からも注目される

ようになりました。

 

スポンサーリンク


 

年収は…あくまでも想像の域

「ル・ミュゼ」をオープン後にスタッフ数名で運営して

いましたが、つい最近そのスタッフを手放したのだとか。

 

理由は彼のブログを読む限りでは

「スタッフがいると妥協してしまう」と。

人それぞれ個性や考え、その日の体調などバラバラです。

それが積み重なって「妥協」してしまう自分が嫌だった

そうです。

 

本題に戻すと、少なくとも人件費はかからないことに

なります、

料理にかかる仕入、空調・電気・水道・ガスと言ったところが

ランニングコストでしょうか(建物は自前と考えます)

 

ディナーやランチの価格帯を総合すると…

700万円くらいではないかと想像します。

 

ホントに想像ですが、いい線を行っていると思います。

 

 

最後に

筆者の生まれ育った北海道に世界に名だたるシェフが

いることは、今回初めて知りました。

一度は足を運んでみたいところですが、料理のレベルが

高すぎて筆者の口では分からないと思います(笑)

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。