日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池川義輝(鳥しき)経歴や年収は?家族や店の評判はどう?

会社勤めをしている人たちが気軽に飲みに行く

場所として、焼鳥屋は人気を誇っていると思います。

 

ですが、気軽に行くことが難しい焼鳥屋さんがあります。

 

東京の中目黒にある「鳥しき」がそれ。

主人が「池川義輝」さんです。

 

評判が評判を呼び現在では予約を取ることも難しいのだとか。

スポンサードリンク

若い頃から焼き鳥職人を目指していたと言う彼について

調べてみました。

 

10代の頃から焼き鳥職人を目指す

池川さんは10代の頃からやきとり職人を目指していた

そうですね。

 

職業に対する憧れや夢は誰でも持つと思いますが、

なかなか思い通りに行く人もまた少ないことも確か。

ですが彼はその夢に突き進みました。

 

あくまでも焼き鳥職人を目指す過程の一つとして、

会社員として働き始めます。

社会構造や客としての目線や心を学んだと言う事です。

 

それをしっかりと身に付けて実践し、ミシュランガイドに

掲載されるまでの店に育て上げました。

 

27歳になった時に焼鳥屋で働き始めました。

わずか7年の経験で独立し、あっという間に評判の店に

したと言う事ですね。

 

7f9b2be6ff3444e71c0ae7a22fe324a4_s

 

年収はあくまでも想像で・・・

一般的に飲食店の個人経営者の年収は550万円~650万円と

言われています。

 

もちろんお店の繁盛の仕方によっては上下することに

なります。

 

彼が経営している「鳥しき」はカウンターのみ17席で、

焼き手は彼一人です。

4,5名のスタッフで切り盛りをしており、客単価が

5000円~8000円前後。

2か月先まで予約が取れないほどの繁盛ぶりですから、

650万円は優に超えていると想像します。

 

ただ、彼の個人経営なので、店の営業時間外でも仕込や仕入などが

ありますから、仕事量に見合った収入かと言われればそれは

分かりません。

 

ですが職人と呼ぶにふさわしい彼ですから、あまり収入には

こだわっている感じはありませんね。

 

スポンサーリンク


 

希少部位を独特の焼き方で提供

予約を取ることも難しいと言われている「鳥しき」ですが、

そのような評判店になった理由の一つとして「焼き方」

あると言えますね。

 

一般的な焼き鳥は炭から離して焼きますが、彼の焼き方は、

食材を炭に極限まで近づけて焼くのだそうです。

そうすることで表面はカリッと、中はジューシーになり食材の

美味しさが存分に発揮されるのだとか。

 

もう一つは「希少部位」を多く味わえると言う事ですね。

 

筆者も聞きなれない部位があれば、必ずと言っていいほど食べます。

 

その希少部位を独特の焼き方で提供するのですから、予約の取れない

店になる事もうなずけますね。

 

 

最後に

2016年4月11日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

彼が取り上げられます。

職人としてのこだわりが存分にみられることと思いますが、

仕事を離れた彼の姿を見ることが出来るかも知れません。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。