日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

井山裕太(囲碁)の元妻と離婚原因は浮気?年収や学歴も調査!

2016年4月20日に、囲碁界史上初の「7大タイトル制覇」

の偉業を成し遂げた井山裕太さん。

 

子供の頃から、囲碁の実力はずば抜けていたと言われて

います。

 

「7大タイトル制覇」以外にも「最年少記録」もいくつか有して

います。

 

2015年に離婚をしてしまった井山さん。

その原因や年収や学歴など、

スポンサードリンク

彼について色々と調べてみました。

 

 

元妻は女流棋士

名前:井山 裕太(いやま ゆうた)

生年月日:1989年5月24日

出身地:大阪府東大阪市

プロ入り:2002年

2012年の誕生日に女流棋士の室田伊緒さんと結婚しました。

この誕生日についてですが、井山さんも室田さんも同じ

1989年5月24日生まれです。

夫婦で同じ誕生日って珍しいですよね。

 

離婚原因ですが、ネット上では「浮気」と言うキーワードが

出てきますね。

気になって調べましたが、「浮気」ではなく「すれ違い」が

原因だったとのこと。

 

井山さんは人気と実力を兼ね備えた棋士ですので、遠征が多く、

元妻の室田さんはとても可愛らしいルックスで、イベントなどに

引っ張りだこだったと言います。

 

遠征が続く中で擦れ違いが生じてしまったということでした。

2015年末に円満離婚の運びとなったのです。

 

1f181bc0999e6a344d38eb4546c6b25a_s

 

 

年収は1億円超え

「史上初の7大タイトル制覇」と言うことですから、

各タイトルの優勝賞金を手にしていることになります。

 

最も高い優勝賞金は4500万円で、7大タイトルの優勝賞金を

合計すると1億5200万円です。

つまり彼はこの金額を手にしていることになります。

 

他にも優勝賞金は低いものの、タイトルを保持しています。

 

彼の2015年の年収は、推定1億7000万円と言われています。

平均年収が1000万円前後と言われる囲碁界では、ずば抜けた

数字ですよね。

 

年収を見ただけでも、彼の凄さがよく分かります。

2012年から年収は1億円を超えていたと言われています。

 

 

スポンサーリンク


 

 

最終学歴は中学卒業

プロデビューは中学1年生です。

早いですね。基準を満たせば中学生でもプロになれるのは

驚きでした。

高校には進学せずにプロとしての道を歩んでいます。

 

デビューから3年後の2005年には、史上最年少でタイトルを

獲得しています。

 

進学をせずともプロで食べていける自信・手応えがあったの

でしょうね。

 

その後は数々の最年少記録を塗り替えて快進撃を続けました。

 

7大タイトルへの挑戦、7大タイトルの獲得など「史上最年少」

の記録は、ほぼ彼が所持していると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

最後に

2016年4月25日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

彼が取り上げられますね。

7冠達成したことによるアンコール放送と言うことですが、

映像を通すことで彼の強さの秘けつが分かるかも知れません。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。