日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和知徹(肉シェフ)の肉旅とは?経歴や「マルディ グラ」も紹介!

「肉シェフ」「肉料理のスペシャリスト」などと呼ばれ、

肉料理に関しては第一人者とも言えるのが和知徹さんです。

 

世界中の肉料理に触れることを目的として旅する「肉旅」を

敢行しているのだとか。

 

オーナーシェフを務める店「マルディ グラ」は「肉料理の

聖地」とも呼ばれています。

スポンサードリンク

肉への飽くなき探究心を持つ彼と店について調べてみました。

 

 

「肉旅」で訪れた国は20カ国以上

名前:和知徹(わち とおる)

生年月日:1967年7月13日

出身地:兵庫県(淡路島)

学歴:辻調理師専門学校卒業

 

肉を愛してやまない、肉料理で人を魅了し続けるetc、

色々な形容をされていますが、その根底にあるのが「肉旅

と呼ばれるものです。

 

肉を求めているわけではなく、世界各国の肉料理を自分の

感性でブラッシュアップさせ、オリジナルの肉料理を創り

上げる旅なのだとか。

 

その肉旅を経て完成した料理は、いくつも店の看板メニュー

にもなっているようですよ。

 

実は筆者、肉をあまり好みません。

それでも彼の店のメニューを見ただけで食べたくなります。

 

HPやブログなどを見ると「想像以上に手間がかかっている

と感じますし、凡人には想いもつかない感性が一つ一つの料理

に散りばめられている感じがしました。

 

480b86b70d4a0e1baff6c4d191ace6ed_s

 

高校卒業と同時に料理人の道

高校卒業後に、大阪にある辻調理師専門学校へ進みます

ここが彼の「肉シェフ」としての原点です。

 

入学前から肉が好きだったのか、入学後に肉へ覚醒させる

何かがあったのは定かではありません。

 

この辻調理師専門学校には短期留学制度みたいなものがあり、

彼はそれを利用して半年間をフランスの系列校で過ごして

います

 

卒業後は最高級のフランス料理を提供することで名を

馳せている「レストランひらまつ」で更に腕を磨きます

 

系列店や退職後に勤務した店で料理長を歴任して、2001年に

「肉料理の聖地」と呼ばれる「マルディ グラ」をオープン

させます。

 

スポンサーリンク


 

「マルディ グラ」は銀座で長く人気店

店の所在地は東京都中央区銀座8丁目にあります。

ご存じの方も多いでしょうが、銀座と言えば他にも有名レストラン

がひしめき合っています。

 

その地で10年以上人気を保っていると言うことは、素晴らしい

ことですよね。

 

「肉料理の聖地」の由来も、彼が作りだす料理もありますが、

取り扱っている肉の種類が多いことも「肉料理の聖地」と命名

される由来です。

 

多い時で20種類近くもあるのだとか。

 

筆者も指折り数えてみましたが、肉の種類が8種類くらいしか

浮かびませんでした(笑)

 

その全てがハイレベルな料理になるのですから、「肉料理の聖地

も頷けますね。

 

 

 

最後に

2016年5月8日の情熱大陸で彼が取り上げられます。

肉旅」や「マルディ グラ」について、詳しいことが分かる

かも知れませんね。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。