日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤久男(蜘蛛の糸代表)の経歴や活動は?自分も倒産経験あり?

日本には規模の大小や手がける内容の違いなどで、

様々なNPO団体があります。

 

その中に『NPO法人蜘蛛の糸』という団体があります。

その代表が佐藤久男さんです。

 

端的に言うと、自ら命を絶つ人を事前に防ごうと言う

趣旨だそうです。

 

主に経営に行き詰った経営者が対象なのだとか。

ご自身も倒産経験があるそうです。

スポンサードリンク

そんな彼について調べていました。

 

 

自分も会社社長だった

名前:佐藤久男(さとう ひさお)

生年月日:1943年10月20日

出身地:秋田県北秋田市(旧:森吉町)

学歴:秋田県立大館鳳鳴高校

職業:NPO法人『蜘蛛の糸』代表

 

高校卒業後は秋田県職員として働いていました。

主に福祉畑を歩んできたそうです。

 

ですが、起業の夢をお持ちだったそうで県職員を

退職して自らの会社を設立します。

 

確かに…夢を追いかけるのは素敵なことですが、

県職員と言えば安定した公務員でもあります。

 

考え方は様々ですが、起業家精神が強かったので

しょうね。

 

1977年と1979年に会社を設立しますが、2000年には

倒産の憂き目に遭ってしまいます。

 

873c3a648e7f55b31820e0c1832c89be_s

 

 

自ら命を絶つことを防ぐ活動

彼自身も倒産を経験して、自ら命を断つことを考えた

そうですが、知人の経営者の方が自ら命を絶ったことで、

このNPO法人を設立しようと強く決意したのだとか。

 

主な活動としては「相談活動」「啓発活動」「ネットワーク活動」

などがあります。

 

「相談活動」:無料で面談を行う。

「啓発活動」:講演会やシンポジウム開催。

「ネットワーク活動」は:他の団体と連携して運動を展開。

 

詳しい内容はこちら

NPO法人蜘蛛の糸HP

 

筆者の親戚にも自ら命を絶った方がいます。

残された家族は悲しみと絶望しかありません。

一言相談してくれれば…の思いを強く抱いたことを覚えて

います。

一言相談してくれれば…の窓口がこの団体と言うわけです。

 

スポンサーリンク


 

 

自らも倒産を経験

県職員として働きながら自分の会社を持つ夢はずっと

持っていたそうです。

 

26歳の時に、不動産鑑定の仕事へ従事するため退職。

8年後には念願かなって会社を設立します。

 

57歳の時にその会社が倒産し資産は全て失ったとのこと。

 

倒産と一言でいっても、放漫経営や見通しの甘さと言った

自己の責任もありますが、得意先の倒産や仕入先の風評

被害の影響を受けることもあります。

 

一概に倒産=経営者が全て悪いとはくくれないものです。

 

この倒産の時に「地獄を見た」と語っています。

その経験を存分に発揮していると言うことですね。

 

aaa

 

最後に

2016年5月9日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で

彼が取り上げられます。

活動の細かな内容はもちろんですが、彼の人となりが

よく分かるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。