日常考えている事や思い浮かんだことを記します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口恵以子はうつ病の過去が?学歴や結婚や経歴も気になる!

『食堂のおばちゃん作家』として2013年に「月下上海」と

言う小説で「松本清張賞」を受賞。

最近はTVのコメンテーターとして活躍する「山口恵以子」さん。

 

遅咲きの受賞としても話題に上りましたね。

 

高学歴ながら安定した仕事に就けず、仕事や生活面で苦労も

多かったとか。

また、うつ病を患っていた過去も吐露。

スポンサードリンク

そんな彼女について調べてみました。

 

 

小説家として順調だった頃にうつ病

名前:山口恵以子(やまぐち えいこ)

生年月日:1958年6月6日

出身地:東京都

学歴:東京都立両国高校→早稲田大学文学部

 

筆者の母親や親戚でもうつを患っている人がいました。

山口さんのことを調べて行くうちにたどり着いたのは

「更年期から来るうつ」だったと言うことでした。

 

このうつについても調べてみましたが、個人差があるにせよ

45歳~55歳に発症の確率が高いのだとか。

 

筆者の母親は更年期から来るものとは違いましたが、

少なからず影響は受けたと思います。

 

小説家としてバリバリ書いていた頃の病は厳しかったと

推測します。

 

その点については「食堂での仕事が心の支えになった」

語っています。

 

8028f00f8a4b3f7b2dc6996d0ad4766b_s

 

 

子供の頃の夢は漫画家

幼い頃から漫画家になるのが夢だったそうです。

色々なことを空想することが大好きだったとのことですが、

それは小説にも当てはまりますよね。

 

大学卒業後には宝石会社へと就職しましたが、漫画家になる

夢を諦めておらず、あくまでも腰掛けだったのだとか。

 

その後会社が倒産し派遣社員として働きながら漫画を描き

続けていたとのこと。

 

その最中に安定した収入を求め「食堂のおばちゃん作家」

の由来となる「丸の内新聞事業協同組合」の社員食堂に

就職。

 

収入が安定し心にも余裕が出来たこともあって「小説に

チャレンジ」との気持ちが湧きあがってきたということです。

 

スポンサーリンク


 

結婚はせず独身を貫く

恋愛に興味がないと言うようなことはなさそうです。

1人の人を長い間片想いし続けて来た…と言うことも

語っています。

 

また30代から40回以上お見合いもしたとのことですが、

結婚には至らなかったようです。

 

ご本人が一番その理由を分かってらっしゃるので敢えて

詮索はしませんが「小説と結婚したから」と悪戯っぽく

語っていたことが印象に残ります。

 

現在はお母様とお兄様、愛猫2匹との生活をエンジョイ

しているそうですよ。

 

 

最後に

2016年5月30日の「人生が変わる1分間の深イイ話」

で取り上げられますね。

どうやら愛猫との生活がメインのようです。その中に結婚に

至らなかった理由が隠れているかもしれませんね。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

7a269b807d70df6183174f3313868002_s
猫とさらりーまんと申します。

飼い猫と毎日のんびり暮らしています。

性分なのか…気になったことはすぐに
調べてしまいます。

その中でも、特に気になったことは
このブログの中に書いて行こうと思います。

少しでも皆様の役に立てるような
ブログを作るべく努力して行きます。

どうぞよろしくお願いします。